あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)のベバシツマブ(抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗VEGF抗体、抗がん剤)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「ベバシツマブ」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんのベバシツマブ(抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗VEGF抗体、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
ベクティビックスは分子標的薬なので、正常細胞へのリスクが軽減されると言われたため (30代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

ベバシツマブ(抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗VEGF抗体、抗がん剤)とは

体内の特定の分子を標的とし、その機能を抑えることで、がんの増殖や転移を抑える治療法です。
"VEFF"というがんを増殖させる分子を抑えることで、がん周囲のがん細胞となる血管を減らし、抗がん剤の効果を高めます。
FOLFOX療法やXELOX療法、FOLFIRI療法との併用が薬物療法の第一選択となっています。

ベバシツマブ(抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗VEGF抗体、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2016年03月22日