あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)のFOLFOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「FOLFOX療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんのFOLFOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
貧血の原因を探るため、大腸カメラを行ったところ癌といわれました (30代女性)」や「先生を信頼しすべて先生にお任せしました。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-3件目を表示/全3件

FOLFOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

術後や再発、進行がんに使われるもので、主に症状を抑えるために行われます。場合によって、がん細胞が小さくなったために切除可能になることもあります。"フルオロウラシル"、"アイソボリン"、"オキサリプラチン"を併用する方法で、分子標的薬の"ベバシズマブ"や"セツキシマブ"と組み合わせて使用されることが多くなっています。

FOLFOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年01月20日

FOLFOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談