あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「腹腔鏡下手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんの腹腔鏡下手術(内視鏡手術)を経験された方の体験談を掲載しています。
まだ早期だったため、転移しそうにないので腹腔鏡下でできると言われました。 (50代男性)」や「術後の回復が早く、傷口も小さくて済み、痛みも少ないと医師からすすめられた (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全31件

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)とは

炭酸ガスで膨らませた腹部に5mm~12mmの穴を数ヶ所開け、専用のカメラや手術器具を挿入し、お腹の中の横隔膜より下部を観察しながら、大腸がんの切除を行う方法です。

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の詳細はこちら

更新日:2017年11月14日

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談