あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「内視鏡的粘膜下層切開剥離術」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんの内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を経験された方の体験談を掲載しています。
先生自体は既にその時点で約7百例の同種手術を行った旨の説明を受けたため。 (60代男性)」や「内視鏡で取りきれる範囲であり、術後の回復も早いとの説明をうけたので (60代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-7件目を表示/全7件

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)とは

内視鏡を使い大腸内を観察しながら、がん細胞の下側に薬液を注入します。注入後、電気メスを用いて粘膜下層を薄く剥がしがん細胞を切除する方法です。数日間の入院が必要となり、手術後は年に1~2回の内視鏡による検査が望ましいとされています。

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)の詳細はこちら

更新日:2017年01月20日