あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の放射線治療の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「放射線治療」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんの放射線治療を経験された方の体験談を掲載しています。
外科手術は不可能と主治医から言われた。 (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

放射線治療とは

放射線をがんに照射し、がん細胞を殺す治療法です。がんの状態や治療の目的によって以下の2つに分けられます。

■補助放射線療法
切除可能な直腸がんが対象となります。手術前にがんの縮小が期待でき、人工肛門の回避や術後の再発防止を目的として行います。
■緩和的放射線療法
切除不能な大腸がんが対象となります。骨盤内の痛みや出血といった、がんによる症状を緩和することを目的として行います。

放射線治療の詳細はこちら

更新日:2017年01月20日

放射線治療以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談