あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の抗EGFR抗体(分子標的薬、抗EGFR抗体(上皮細胞増殖因子受容体)、抗がん剤)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「抗EGFR抗体」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんの抗EGFR抗体(分子標的薬、抗EGFR抗体(上皮細胞増殖因子受容体)、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
開腹手術のお蔭で、一時的に食事が出来るようになり一旦家に帰ることもできました。しかし、癌の転移が広く、末期であったため腹水が溜まり、再入院後、腹水を抜く治療を受けました。平成11年4月14日未明に死亡。 (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

抗EGFR抗体(分子標的薬、抗EGFR抗体(上皮細胞増殖因子受容体)、抗がん剤)とは

EGFRを抑え、がん細胞の増殖を抑えます。2008年に保険承認されました。FOLFOX療法やXELOX療法が効かなくなった後の治療法として効果的とされています。

抗EGFR抗体(分子標的薬、抗EGFR抗体(上皮細胞増殖因子受容体)、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2015年08月14日