あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の内視鏡的粘膜切除術(EMR)の体験談

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の「内視鏡的粘膜切除術」に関する体験談をまとめています

このページでは、大腸がんの内視鏡的粘膜切除術(EMR)を経験された方の体験談を掲載しています。
内視鏡と説明されても開腹もした事で傷も残った (50代女性)」や「内視鏡手術で摘出したが取り切れなかった場合の開腹以外には他の方法は、勧められなかった (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-26件目を表示/全26件

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは

内視鏡を肛門から入れ、大腸の内部をモニターに映し出して行います。まず、内視鏡の先端から出る注射を使い、がん細胞の下側に生理食塩水を注入します。注射により盛り上がったがん細胞を、周囲の粘膜ごと、鋼線の器具を使用し高周波電流により焼き切ります。
この治療を行う際は入院が必要な場合もあります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の詳細はこちら

更新日:2017年01月20日

内視鏡的粘膜切除術(EMR)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談