あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の体験談

副作用大、現在も抹消神経過敏症に悩んでいる

患者との関係:本人患者:70代以上男性治療時期:2013年3月
XELOX療法ゼロータ服用

大腸がんとは

大腸(結腸、直腸、肛門)の粘膜上皮へ発生するがんです。
正常な粘膜から直接がんが発生する原発性の場合と、腺腫とよばれれる良性腫瘍の一部が悪性のがんとなる場合がありますが、この他に近年、鋸歯状の病変から発がんするケースも確認されつつあります。
日本人にはS状結腸がん、直腸がんが多くみられます。

大腸がんの症状

満足度

副作用に付いてしっかりした情報開示がなかった。

副作用

治療履歴

2013年3月からエベリゾン塩酸塩錠50mg2011年3月手術2011年4月より9月までXELOX療法その後3ないし6月ごとに血液検査、CT、MR検査実施、2015年末に終了

病気と症状について

2010年末に人間ドックで判明、大学病院を紹介される。術後の検査結果でステージIIだったが、がん細胞が未分化形であり、また浸潤が深かったのでステージIII相当の治療を受ける。服用薬が主体のXELOX療法を選択する。

参考:大腸がんにかかった他の人の症状は...?

血便が2カ月ほど続き、かかりつけ医で相談し、2週間後、内視鏡...

(続きを読む)

便に粘液状の血液が混じっていた。その症状が表れる前に酷い下痢...

(続きを読む)

大腸がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜXELOX療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

手術ではなく、服用薬が主体であったため

参考:他の人がXELOX療法を選んだ理由は...?

根治手術でしたが、病理検査の結果はとても喜べるものでなく、脈...

(続きを読む)

XELOX療法とは

術後や再発、進行がんに使われるもので、主に症状を抑えるために行われます。場合によっては、がん細胞が小さくなったために切除可能になることもあります。"カペシタビン"、"オキサリプラチン"を併用する方法で、"ベバシズマブ"と組み合わせて使用されることが多くなっています。

「XELOX療法」の概要

治療期間

検査入院3週間手術入院4週間

副作用について

ゼロータ服用を半年続けてそれから段々と足の痺れ、過敏が激しくなってきた。厚い靴下をはかないと石を踏んづけても痛み感じる。特に入浴時、タイルが痛い。副作用大、現在も抹消神経過敏症に悩んでいる。

参考:他の人が感じたXELOX療法の副作用は...?

エルプラット点滴直後~1週間 倦怠感、吐き気、食欲不振、め...

(続きを読む)

大腸がんを患っている方へのアドバイス

費用的には高額医療費の補助があったので困らなかった。一番の問題は、治療開始前に全ての情報を開示してもらうこと。永久に抹消神経過敏症になるかもしれないとの副作用開示がなかった

参考:大腸がんを経験した他の人のアドバイスは...?

医療費は国の制度により負担は上限があるので其れ程心配は要らな...

(続きを読む)

死にたいと思うような極度なストレスを感じた後に体の異変を僅か...

(続きを読む)

大腸がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月10日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる