あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

大腸がん(大腸の悪性腫瘍)の体験談

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)前に4回ほどしたから、うんざりした。

患者との関係:本人患者:40代男性治療時期:2015年11月
内視鏡的粘膜切除術内視鏡的粘膜切除術(EMR)

大腸がんとは

大腸(結腸、直腸、肛門)の粘膜上皮へ発生するがんです。
正常な粘膜から直接がんが発生する原発性の場合と、腺腫とよばれれる良性腫瘍の一部が悪性のがんとなる場合がありますが、この他に近年、鋸歯状の病変から発がんするケースも確認されつつあります。
日本人にはS状結腸がん、直腸がんが多くみられます。

大腸がんの症状

満足度

検査結果で結局、内視鏡手術をする羽目になった。

副作用

治療履歴

2015年3月エルプラット
2015年3月ゼローダ

病気と症状について

健康診断で精密検査が必要になり、検査の結果、ステージ3だった。内視鏡で取れると考えていたが、結局、内視鏡手術することになった。手術自体は問題なかったが、きつかったのは、その後の術後化学療法で、手足の末端のしびれの副作用が、1年程度続き、困った。現在は経過観察中。

参考:大腸がんにかかった他の人の症状は...?

便潜血検査で要精密検査になり、その後内視鏡にて発見。 S字...

(続きを読む)

健康診断の便潜血で2本の検体のうち1本が+。後日、大腸内視鏡...

(続きを読む)

大腸がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ内視鏡的粘膜切除術(EMR)を選んだか

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)前に4回ほどしたから、うんざりした。

参考:他の人が内視鏡的粘膜切除術を選んだ理由は...?

それしか行なっていないし、癌だと判ってから治療した訳ではない...

(続きを読む)

健康診断の結果、「要精検」となり内視鏡によりポリープがあるこ...

(続きを読む)

他の人が内視鏡的粘膜切除術を選んだ理由をもっと読む

内視鏡的粘膜切除術とは

内視鏡を肛門から入れ、大腸の内部をモニターに映し出して行います。まず、内視鏡の先端から出る注射を使い、がん細胞の下側に生理食塩水を注入します。注射により盛り上がったがん細胞を、周囲の粘膜ごと、鋼線の器具を使用し高周波電流により焼き切ります。
この治療を行う際は入院が必要な場合もあります。

「内視鏡的粘膜切除術」の概要

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の効果について

結果的にポリープをとって、検査しただけになった。しかも1回で終わらなかった。見落としで4回することになった。

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果は...?

治療の効果は十分であり、治療後ガンの再発は無い。...

(続きを読む)

内視鏡による切除手術そのものはとても簡単だったが、手術前の排...

(続きを読む)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:2日

治療に関する費用

入院:42,940円

副作用について

なかった。

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用は...?

副作用は無かった。...

(続きを読む)

内視鏡による切除手術を受けた直後に腹部に少し違和感があったも...

(続きを読む)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用をもっと読む

大腸がんを患っている方へのアドバイス

支払い能力があっても保証人が必要になり、天涯孤独の人は、病気になっても治療できないのはおかしい。

参考:大腸がんを経験した他の人のアドバイスは...?

抗がん剤はとかく費用がかかる。最初に薬局で一週間分の抗がん剤...

(続きを読む)

あとで聞かされたことですが、がん病変は最初のポリプクトミーで...

(続きを読む)

大腸がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年08月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

大腸がんの体験談をもっとさがす

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす