あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

慢性リンパ性白血病(小細胞性リンパ腫、CLL)の造血幹細胞移植(骨髄移植)の体験談

慢性リンパ性白血病(小細胞性リンパ腫、CLL)の「造血幹細胞移植」に関する体験談をまとめています

このページでは、慢性リンパ性白血病の造血幹細胞移植(骨髄移植)を経験された方の体験談を掲載しています。
医師と家族の合意らしいが、その時の自分には意識がなかったのでわかりません。 (40代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

造血幹細胞移植(骨髄移植)とは

移植の約1週間前から抗がん剤などを投与してがん細胞を無くしていく「前処置療法」を行い、その後造血幹細胞が含まれる血液を静脈注射で移植していきます。
予め採取した自分の骨髄を移植する「自家造血幹細胞移植」と、血縁者をドナーとする「血縁者間同種造血幹細胞移植」、非血縁者をドナーとする「非血縁者間同種造血幹細胞移植」があります。

造血幹細胞移植(骨髄移植)の詳細はこちら

更新日:2017年06月08日

慢性リンパ性白血病の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす