あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

慢性リンパ性白血病(小細胞性リンパ腫、CLL)

慢性リンパ性白血病とは

「血液のがん」といわれる白血病のひとつで、成熟したリンパ球ががん化し、血液中で増えていく病気です。

症状と原因

自覚症状はほとんどありません。検査をしても発見ができる方は少なく、多くが他の病気を検査したときに、白血球の異常が判明し知ることが多いようです。自覚症状が出てくるまで年単位の時間がかかることも珍しくありません。

体験談

体験談を見るにあたって

Rai分類の低危険度と中間危険度、Bine分類の病期Aの状況では積極的な医療行為はしないのが現状の考え方になっています。
危険度が上がる場合、病期が進んだ場合、あるいは体重が急激に落ちることや発熱、血液検査におけるリンパ球の急激な変化などがおこった場合は積極的な治療を始めます。
染色体の異常など特殊な条件を満たしていく場合や危険度が低い場合は、病期が進行していなくても積極的な治療が開始される可能性があります。
積極的な治療の多くは、化学療法が活用されますが、標的療法などを行うこともあります。

更新日:2017年09月07日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす