あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

橋本病(慢性甲状腺炎)の体験談

手術などの必要は一切なく、体が足りていないものを薬で補うだけでできる簡単で、安価な治療。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:2002年4月
レボチロキシンナトリウムチラージンを服用

橋本病とは

自己免疫疾患のひとつで慢性甲状腺炎ともよばれる疾患です。甲状腺に長期にわたり炎症がおこり、甲状腺の腫れや甲状腺ホルモンの分泌が低下します。症状はさまざまあり、発症した方によっては症状がほとんどない場合もあります。

橋本病の症状

満足度

症状が出てから原因の究明まで私の場合は時間がかかりましたが、原因さえ分かれば手術もなく、投薬だけです。
一生涯薬を飲み続けなければなりませんが、薬代も安価で、痛みや不快感もなく、妊娠中でさえ服用できる薬のため、安心です。

副作用

治療履歴

2002年11月チラージン50g服用
2002年11月チラージン100g服用

病気と症状について

初期症状は、息切れ、むくみ、倦怠感などの症状がありました。以前から貧血症状があったため1か月程様子を見ていると、少しの運動により筋肉痛が起こり自宅の2階から1階へ降りることができなくなる、全身が黄色ぽい色になる、ピザなど少し硬いものを食べると舌が切れて出血するなど起こり、病院にかかることになりました。
すぐに検査入院となりましたが、すぐには原因が分からず、採血でCK(筋肉などが損傷を受けると高くなる数値)が非常に高いため、筋ジストロフィーの疑いがあるという主治医からの説明でした。
入院から6か月ほど経過してから、様々な検査から甲状腺の値をたまたま調べたことにより甲状腺の数値が低いことが分かり、すぐにチラージンの服用を開始しました。

参考:橋本病にかかった他の人の症状は...?

不妊治療の血液検査の一環で、抗サイログロブリン抗体と甲状腺刺...

(続きを読む)

もともと2012年の会社の健康診断で甲状腺の再検査と診断され...

(続きを読む)

橋本病にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜレボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)を選んだか

手術などの必要は一切なく、体が足りていないものを薬で補うだけでできる簡単で、安価な治療。

参考:他の人がレボチロキシンナトリウムを選んだ理由は...?

橋本病のメジャーな薬と説明されたのと、妊娠しても服用できる薬...

(続きを読む)

特になし 薬の処方は必要ないということでした。 食事の注...

(続きを読む)

他の人がレボチロキシンナトリウムを選んだ理由をもっと読む

レボチロキシンナトリウムとは

甲状腺ホルモンを補充して症状を抑える治療法です。橋本病の甲状腺機能低下における、第一選択の薬とされています。
通常、1日に1回服用します。

「レボチロキシンナトリウム」の概要

レボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の効果について

病気の原因が甲状腺の機能の低下が判明し、エコー検査など行っても甲状腺の肥大などが全くなかったため、適当な量の服薬調整をし、経過観察。
1か月程で体重は6キロ減少し、むくみや、息切れ、筋肉痛など今まであった症状が無くなりました。

参考:他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの効果は...?

現在は経過観察中です。 チラーヂン服用開始の2週間後の血液...

(続きを読む)

特になし...

(続きを読む)

他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの効果をもっと読む

治療期間

入院期間:7カ月
通院:半年に1回

治療に関する費用

遠方の病院のため入院という方法を取りましたが、本来は短期の入院または通院で可能だと思います。 入院費は高額医療を使いながら1カ月10万円程。 チラージンの薬代は、50gが1錠16円程。 1日に必要な量は私の場合50gが2錠のため、1日32円程、1か月1000円程です。

副作用について

副作用は何もありません。

参考:他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの副作用は...?

特に自覚する副作用はありません。...

(続きを読む)

薬の使用がなかったため特にありません...

(続きを読む)

他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの副作用をもっと読む

橋本病を患っている方へのアドバイス

倦怠感、むくみ、やる気が出ないなどの症状は精神的なことではなく、甲状腺という目で見ることのできないホルモン物質が関係しているということもあります。甲状腺は全身の機能を司る部分ですので、安易に考えす病院に受診することをお勧めします。
検査は、首にある甲状腺のエコー検査を行い、痛みはほぼ無く受けることができます。また、薬代も安価で、妊娠中も服用できる安全なものです。
この病気による妊娠のしにくさがあると聞きますが、産婦人科の先生と連携して行えると思います。

参考:橋本病を経験した他の人のアドバイスは...?

橋本病と聞いた時は何もわからず不安になりましたが、実際はそれ...

(続きを読む)

橋本病は数値が低ければ体調や妊娠などで、発症しやすいとのこと...

(続きを読む)

橋本病を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年04月13日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

橋本病の体験談をもっとさがす

レボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす