あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

橋本病に関する質問

2016年6月に血液検査を受けた際、抗Tg抗体が「80.3」で橋本病と言わ...

がぶさん

関係:本人

患者情報:50代男性 治療期間: 〜1ヶ月

2016年6月に血液検査を受けた際、抗Tg抗体が「80.3」で橋本病と言われました。但し、TG,TSH,FT4共に基準値内であるため発症はしていない状態です。
この場合に喉に違和感が出るケースがあるでしょうか?一般的には発症していない場合は症状は出ないと言われているようですが例外のケースはないものでしょうか。また仮に発症していなくても症状があれば治療を行うものなのでしょうか?耳鼻咽喉科ではよくわかりませんでした。

0
みんなの回答数:3 件
投稿日:2016年09月08日 投稿ID:1205

みんなの回答(3件)

  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:40代女性 治療期間: 〜10年

    特に喉に違和感がなかった時に検診で喉の腫れを指摘されたことがあったので、足がむくんだ時に行った病院で喉の腫れを指摘されたことがあると話しました。腎臓に加えて甲状腺も血液検査で調べてもらったところ、結果は腎臓に異常はなく、軽い橋本病と言われたのが最初です。その後6年ほど、チラージン25ミューグラム1錠を1日一回飲み続けましたが、左頸部のリンパがよく腫れるようになり、その頃から喉に違和感を常に感じました。ある時喉全体が妙に腫れていることに気がつき、甲状腺専門医を受診してエコーで診てもらったところ、違和感があった左ではなく、右の甲状腺に悪性リンパ腫がみつかりました。バタバタと甲状腺全摘の手術を受けることになりましたが、入院している間も手術前まで左頸部の違和感は常にあり、何度も担当医に訴えましたが、問題は右頸部にあり、痛みがある左頸部はあまり心配ないとのことでした。悪性リンパ腫は痛みが無く、静かに大きくなっていたようです。関節リウマチも併発していたので、あちこちの痛みが耐えがたく手術前にプレドニンというステロイドを処方していただいたのですが、プレドニンを飲んでいる間は左頸部の違和感と痛みはなくなっていました。手術で甲状腺全摘すれば左頸部の違和感もなくなるかと思っていましたが、手術後プレドニンの量を少しずつ減らしていく段階でまた左頸部の違和感を感じるようになりました。鈍い痛みがあったり、なんとなく左頸部が腫れているような感じです。甲状腺を全摘しているので、今も橋本病といえるのかどうかわかりませんが、甲状腺ホルモンを自分の体ではもう分泌させることは出来ないので、現在チラージンを1日3錠飲んでいます。最近耳鼻科で左頸部のエコーをとっていただきましたが、特に異常はないようです。

    0
    投稿日:2016年09月16日投稿ID:760
    • がぶさん

      関係:本人

      患者情報:50代男性 治療期間: 〜1ヶ月

      やはり甲状腺エコーで確認、が一番のようです・・・
      長期間、色々な施術を受け精神的にも大変かと思います。医師も医療も完全を期待してはダメですね・・・

      0
      投稿日:2016年09月23日
      投稿ID:116
  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:40代女性 治療期間: 〜10年

    ログイン・会員登録をすると
    回答をご覧になれます。
    まずは会員登録
    0
    投稿日:2016年09月16日投稿ID:762
    • 匿名さん

      関係:本人

      患者情報:40代女性 治療期間: 〜1年

      ログイン・会員登録をすると
      回答をご覧になれます。
      まずは会員登録
      0
      投稿日:2016年09月16日投稿ID:761
      • がぶさん

        関係:本人

        患者情報:50代男性 治療期間: 〜1ヶ月

        自覚症状があっても(但し、甲状腺が原因かは不明です)ホルモン値に異常がない限りは治療しないのが原則のようです。専門医は敷居が高く感じます・・・難しいところです。

        0
        投稿日:2016年09月23日
        投稿ID:117

    あなたの回答をお伝えください

    あなたの優しさがお悩みの方の力になります

    会員登録して経験を書こう(無料)



    すでに会員登録がお済みの方は、ログインしてください