あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

リオチロニンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)とレボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の比較橋本病(慢性甲状腺炎)

適用される患者

すべての甲状腺機能低下症の方

※心筋梗塞をおこして間もない方は適応をさけましょう。
他の薬と相互作用をおこしてしまう場合があるため、他の薬を服用する際は、薬剤師などの指示に従い、間隔をあけて服用しましょう。

すべての甲状腺機能低下症の方

※心筋梗塞をおこして間もない方は適応をさけましょう。
他の薬と相互作用をおこしてしまう場合があるため、他の薬を服用する際は、薬剤師などの指示に従い、間隔をあけて服用しましょう。

他の治療法に比べての優位性

もともとからだの中にある甲状腺ホルモンを補充する方法なため、副作用が少ないというメリットがあります。 チラージンと比較して、効果が早くあらわれる傾向にあります。
もともとからだの中にある甲状腺ホルモンを補充する方法なため、副作用が少ないというメリットがあります。

留意すべきこと

甲状腺そのものを治療する方法ではないため、基本的には薬の服用の期間が長期間、または生涯を通しての服用となります。
また、薬が過量となったときには甲状腺ホルモンが過剰にある状態になるため、医師の指示のもと適切な量を服用することが大切となります。
チラージンと比べ、効果が早く消失してしまうため、服用する回数が多くなってしまう可能性があります。

甲状腺そのものを治療する方法ではないため、基本的には薬の服用の期間が長期間、または生涯を通しての服用となります。
また、薬が過量となったときには甲状腺ホルモンが過剰にある状態になるため、医師の指示のもと適切な量を服用することが大切となります。

副作用と対策

狭心症発作

稀ではありますが、冠動脈中の血流が減少することで、胸の痛みや胸部の違和感、息苦しさを引きおこすことがあります。もともと心臓に疾患を抱えていた方や高齢の方にみられる傾向にあります。

症状があらわれた場合に、すぐ医師に報告しましょう。薬により甲状腺ホルモンが過剰になっている可能性が高いため、投薬の中止や減量を検討します。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

副腎クリーゼ

副腎皮質ホルモンが急激に低下し、全身の倦怠感、食欲不振、易疲労感があらわれることがあります。また放置すると嘔吐や下痢、脱水症状や意識障害に進行してしまう可能性があります。

点滴などを行うことですぐにやわらぐため、症状があらわれた場合や違和感をおぼえた際には医師に相談しましょう。

アナフィラキシー

発疹や顔面のむくみ、呼吸困難や「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった喘鳴(ぜんめい)、喘息のような症状、頻脈、血圧低下などが使用中または使用後にあらわれる場合があります。発症には個人差があるとされていますが、使用後30分以内にあらわれる場合が多いとされています。アナフィラキシーは頻度の低い副作用とされていますが、意識の混濁やチアノーゼといったショック症状など、重篤な症状になる場合があるため注意が必要とされています。なかでも、先天性IgA欠損症の方ではこうした過敏反応がおこりやすいため注意しましょう。

症状が比較的軽い場合、足を高くして仰向けで横になるなど安静にし、最低1時間程度は様子をみましょう。少しでも悪化がみられた場合、すみやかに医療機関を受診しましょう。嘔吐がある場合、吐いたもので窒息をおこす可能性もあるため注意が必要です。呼吸器症状や意識障害があらわれた場合では危険な状態とされる可能性があるため早急な対処が必要とされます。また、アドレナリン自己注射薬の筋肉内注射による応急処置もあるとされています。

狭心症発作

稀ではありますが、冠動脈中の血流が減少することで、胸の痛みや胸部の違和感、息苦しさを引きおこすことがあります。もともと心臓に疾患を抱えていた方や高齢の方にみられる傾向にあります。

症状があらわれた場合に、すぐ医師に報告しましょう。薬により甲状腺ホルモンが過剰になっている可能性が高いため、投薬の中止や減量を検討します。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

副腎クリーゼ

副腎皮質ホルモンが急激に低下し、全身の倦怠感、食欲不振、易疲労感があらわれることがあります。また放置すると嘔吐や下痢、脱水症状や意識障害に進行してしまう可能性があります。

点滴などを行うことですぐにやわらぐため、症状があらわれた場合や違和感をおぼえた際には医師に相談しましょう。

アナフィラキシー

発疹や顔面のむくみ、呼吸困難や「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった喘鳴(ぜんめい)、喘息のような症状、頻脈、血圧低下などが使用中または使用後にあらわれる場合があります。発症には個人差があるとされていますが、使用後30分以内にあらわれる場合が多いとされています。アナフィラキシーは頻度の低い副作用とされていますが、意識の混濁やチアノーゼといったショック症状など、重篤な症状になる場合があるため注意が必要とされています。なかでも、先天性IgA欠損症の方ではこうした過敏反応がおこりやすいため注意しましょう。

症状が比較的軽い場合、足を高くして仰向けで横になるなど安静にし、最低1時間程度は様子をみましょう。少しでも悪化がみられた場合、すみやかに医療機関を受診しましょう。嘔吐がある場合、吐いたもので窒息をおこす可能性もあるため注意が必要です。呼吸器症状や意識障害があらわれた場合では危険な状態とされる可能性があるため早急な対処が必要とされます。また、アドレナリン自己注射薬の筋肉内注射による応急処置もあるとされています。

一般的な所要時間

永続性のものの場合、生涯を通しての服用となります。

永続性のものの場合、生涯を通しての服用となります。

体験談件数

-/全18
18/全18

体験談評価平均

-/5.0

疾病平均3.9

3.9/5.0

疾病平均3.9

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の橋本病の治療法

    参照元:(甲状腺結節取扱い診療ガイドライン2013日本甲状腺学会南江堂2013年,甲状腺疾患診断ガイドライン2010日本甲状腺学会https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/bosei-hashi.html(閲覧日:2015年10月1日),重篤副作用疾患別対応マニュアル(平成21年)厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1d09.pdf(閲覧日:2015年10月1日),国立成育医療研究センターhttps://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/bosei-hashi.html(閲覧日:2016年12月9日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月1日))

    治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。