あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)で「腹腔鏡下手術」による治療を受けた方が感じた副作用

更新日:2017年06月30日

このページでは、胆石の腹腔鏡下手術を選択した方々の、その治療後に何か副作用は出てきたか?出てきたのであれば、その副作用はどのようなものだったか?という体験についてまとめております。

1-30件目を表示/全40件
  • その後は順調に回復し、副作用はありませんでした。
  • 術後すぐに麻酔の副作用で吐気が続き嘔吐した
  • 産後すぐで授乳していたので、麻酔や薬を使えずちゃんと治療をできなかったので副作用などはなかった。
  • ちょっと胃がいたみたいです 胃薬も貰いました
  • 副作用のようなものは初めから何も感じなかった。
  • 術後1週間くらいは家で静かにしていたがもらった痛みどめを飲み終わる頃にはほとんど平常の生活にもどれたので
  • 副作用らしきものはない
  • 副作用はなにもないと思いたいが胆汁がない分今になって肝臓が悪くなってきている
  • 事前に説明を聞いていたように副作用はなかった。
  • 副作用というようなものはとくにはありませんでした。
  • この治療に対しての薬剤、及び治療方法いずれも副作用は全くなかった
  • 副作用はまったくと言うほどなかったです
  • 手術後、2,3日は傷が痛みましたが、今はなんともありません、傷口は今も少し残っています
  • 特に意識することもないくらいだった。手術の次の日から病院の廊下を歩くようにしていた。
  • 麻酔薬の心配があるかもしれないと言う説明があったが、副作用は一切なかった。
  • 何年もたったけれども、いまだに、傷口がときどき痛む、しかたないことかもわからないが、納得がいかない
  • 副作用は全くなかったので非常に良かったと思う
  • 副作用は全くなかった。副作用について 何か説明を受けた記憶もない。
  • 副作用なし。腹腔鏡下胆のう摘出術のためお腹に4か所の傷がある。
  • 胆汁を貯蔵しておく胆嚢が無くなったため、垂れ流し状態の胆汁で消化補助しきれないとお腹を壊す
  • 特に副作用らしいものはありませんでしたが一時期便が緩くなったようでした。でも、その後止まりました。
  • 副作用はなし。
  • 私の場合、副作用は特に何もありませんでした。
  • 副作用というものはなかったのですが、3か月は油を控えないといけないとのことで 調理するのが大変でした。もちろんその3か月は飲酒はダメとのことです。
  • 手術翌日、起き上がった途端に吐き気が起こり、術後3日目まで起きられませんでした。すぐに原因がわからず、怖かったです。術後2日目に点滴に入ってる痛み止めが合わないのかもと言われ、すぐにやめると痛みが出るので最後までガマンしてと言われ、術後3日目まで耐えました。その点滴が終わった途端に吐き気も治まりました。
  • 傷口の痛みのみで他は何もありませんでした。

    40代女性の家族(この人の治療体験)

  • 副作用はありませんでした
  • 副作用というか、お腹にガスや便をなるべく溜めないようにと言われていましたが、仕事に復帰してからはそうもいかず、たまにかなりキツイ腹痛がありましたが、父(1973年に胆石症で開腹手術→医療ミスにより腸が癒着し、時々腸閉塞を起こしていた)を子どもの頃から見ていたのと、その父の助言もあったので深刻には考えないようにしました。
  • 副作用はありませんでした。
  • 胆嚢がなく胆汁が流れっぱなしなので、空腹時に嘔吐をすると胆汁が上がってくる。

もっと読む