あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)で「腹腔鏡下手術」による治療を受けた理由 2ページ

更新日:2018年11月16日

このページでは、胆石の腹腔鏡下手術を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

31-40件目を表示/全40件
  • エコー検査の結果、大量の胆石が疑われ、胆嚢ごと除去するべき可能性があったから。
  • まず主人が100キロ超えの肥満体だった事がこの手術になった決め手です。お腹を切ってしまうとお肉がなかなか引っ付かないだろうから治りも遅くなり本人の負担も増すので、開腹手術はしない方が良いとの事でした。

    40代男性の家族(この人の治療体験)

  • 子供もおり、長期入院は無理でしたので、術後の回復が早い、短期入院ですむ方法を選択しました
  • 真っ先に胆のうを摘出して、痛みから解放されたいという気持ちがありました。確実に胆のうを摘出する為には、腹腔鏡下手術が自分にとって安全だと思ったので、腹腔鏡下手術を選択しました。
  • 医師に勧められたからしか無いです。
  • 石の数が多いので溶かすよりは摘出の方が早いこと、放置すると何度も発作的な痛みが繰り返されるということを聞いて手術を決断しました。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • 傷が小さく済むこと、入院日数も少なくすぐに社会復帰できるとのことだったので。
  • 破砕では小さな破片が詰まる可能性が高いため、根源から切除する手術を選びました。 家族にも胆石症の手術を行った者がいたので体質の問題もあり再発の可能性も高く、不安要素は少なくしたいと思いました。
  • 傷口が少ない方法を探していたのと、まだ子供が産まれて間もなかったため入院期間が少なくて済む手術方法がよかったので、この手術方法を選択しました
  • 開腹手術より体に負担がかからないのと、手術後の回復力が早いからです。(以前に母も同じ手術をしていたので。)

    40代男性の家族(この人の治療体験)

もっと読む