あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)で「腹腔鏡下手術」による治療を受けた理由

更新日:2018年11月16日

このページでは、胆石の腹腔鏡下手術を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-30件目を表示/全40件
  • いくら痛み止めの点滴をしても収まらず、癒着がなければ内視鏡で行えば負担が少なく確実に除去できるとのことだったので
  • 傷の大きさも小さく回復も早いことからこの治療法を選択した。当時仕事をしており、あまり入院期間が長引く事は避けたかった
  • この方法が一番手っ取り早く治りそうだったから。再発しずらい方法だと聞いたから。
  • 内視鏡なら回復力が早いとの事でお願いしました 本当に一週間で退院出来ました
  • 体への負担が軽く今はよく行われており、早く退院できるという説明を受けたから。
  • 姉が何年も胆石を持っていて薬でとかそうとかなり続けたがとかせなくて時々激痛に悩まされたことを知っていたし、その後の数年前に腹腔鏡で姉の手術をしてくれた専門医をしっていたので
  • 痛みが強すぎて、早く楽になりたかった。仕事を長く休めなかった。
  • 開腹手術より短い期間で退院できること従い仕事にあまり影響しない。
  • それまでもいろいろ調べていたが技術は進歩しており腹腔鏡手術であれば入院4日で退院できお腹の傷も小さくて済むということで決心した。
  • 医師の勧めでその方法でお願いしました。開腹手術より治りが早いと聞きましたのもお願いした理由の一つです。
  • 痛みの程度ですぐ手術となったが長期入院は出来なかったので腹腔鏡手術の1択だった
  • そのままにしていると 周りの臓器が腐ってしまい 死ぬしかないと医師に言われたので、腹腔鏡の手術は入院も短いからとの説明で決めました
  • 胆のうは、とっても大丈夫なので除去すれば、完治する、また術式は開腹手術より、傷が小さく、入院も短いという説明を受けたから
  • このまま放置するいろいろなリスクがあることを説明してもらった。
  • 胆のう炎は治ったが、胆石を除去しないと再発の可能性が大きいとのこと。原因である胆石を除去手術を薦められ決意した。
  • どちらにせよ、石を取り出さなければ痛みがぶり返すから、先生に任せて、早くこの痛みから、脱出したかった。
  • 医師にすすめられて回復も早いし体へのダメージも少ないと聞いたのでこの方法にしてもらいました。
  • 入院期間も4日間と短く、体への負担も軽いという事で説明を受けたから。
  • 胆石が発見され、薬で溶かすか、胆のうを撤去するかの選択を進められる。胆のうという臓器は、人間にとってなくても良い臓器であることを教わり、薬で溶かすには時間がかかり、再発の可能性も大とのことで、内視鏡での撤去手術を選択する。
  • 年齢が30代で、今後ずっと脂分のない食事にするのは難しいこと、石が砂状になって堆積しているため、胆嚢を摘出しないと石を取りきれないこと、腹腔鏡手術は開腹手術に比べて体への負担が少ないことを考慮し決めた
  • 胆石の除去については、手術する方法が簡単であり、手術の方法も内視鏡術が傷が大きくなくて、回復が速いので入院治療期間が短く、療養休暇の期間も短いので費用も少ないので有利であるとの担当医からの説明に、安心してお願いすることにした。
  • 開腹だと傷跡も大きく本人へのリスクが高いと言われた。
  • 過去に盲腸炎で手術入院した経験があり、開腹手術の場合、手術後に痛みがあることを知っていたため、より体への負担が軽く、入院期間も短くなると考えたため。
  • 胆石が胆のうにいっぱい詰まっていて、胆のうを残せなかったので摘出しか道がなく 仕事をしていたこともあってすぐに仕事に復帰できる状況になりたかったのと、4か所に小さな穴を開けて するので回復も早くできるということだったからです。
  • 開腹手術よりは、入院期間も短く、傷も小さかったので体への負担も少ないと思ったので…
  • 傷口をおなかに四つ開けただけで、手術も三時間で終わり、全身麻酔だったので母は朦朧としていましたが、無事胆石を摘出しました。傷口が大きくはなかったので、治りも早かったです。

    40代女性の家族(この人の治療体験)

  • 開腹をするよりも腹腔鏡でやる方が体に負担がない 痛みも少ないと言われたため
  • 費用が開腹手術より安かったのと、傷口が4箇所とはいえ小さかった事です。
  • 確実に治療をするには石を取り出す他無かった為、手術を決断しました。脂っこい食べ物やアルコールなどを食すると、激しい痛みが来るという怖さもありました。取り出してしまえば食事も安心して自由に摂れるので。
  • 現在一般的な胆嚢摘出手術が腹腔鏡手術だったので選びました。 穴をあける個数が今は1つや2つでもできて体への負担も少ないみたいですが、妊娠中だった為、先生方がやりやすい穴を4つ空けて万が一へのリスクの軽減を行いました。

もっと読む