あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)の腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の体験談

胆石(胆石症)の「腹腔鏡下手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、胆石の腹腔鏡下手術(内視鏡手術)を経験された方の体験談を掲載しています。
胆のう炎は治ったが、胆石を除去しないと再発の可能性が大きいとのこと。原因である胆石を除去手術を薦められ決意した。 (60代男性)」や「開腹手術よりも腹腔鏡下手術の方が体に負担が少ないと伺ったため、胆のうを取り除くことにしました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全40件

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)とは

腹部に腹腔鏡というカメラを挿入し、テレビモニターに映した画像を確認しながら胆のうを摘出する手術です。へその下と上腹部に計4ヶ所に5~12mmの穴を開け、炭酸ガスでお腹を膨らませる気腹とよばれる処置をした後に、腹腔鏡を挿入します。また、最近ではへその部分1カ所にしか手術跡が残らない単孔式内視鏡手術を取り入れる医療機関も増えています。

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の詳細はこちら

更新日:2018年11月16日

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

胆石の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす