あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)を経験した人からのアドバイス

更新日:2018年11月16日

このページでは、胆石にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全67件
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    私はクリスチャンあるからかもしれませんが、腫瘍であると知らされても不思議に落ち着いて受け止められ、食欲も落ちず睡眠もしっかりとれ手術に備えました。医療も大切なことですが、人間には治癒力が与えられていると思います。前向きに支えてくれた周りの人にも感謝です。残された命は周りのひとたちにお返ししながら、生きようとすごしています。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    病気になることは何でも大変である。とにかく早く病院に行って早期治療が、その後の健康な生活をおくることができる。いずれにしても、毎日の生活は規則正しい生活をしていくことが大事である。暴飲暴食はだめですよ。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    数十年前から年に何回か痛みがあったのですが、ただの胃痛と思い込み病院にもいかずガスター10で治まっていたのでそのまま過ごしていましたが、手術前の痛みは泣き叫びたいほどの痛みになっていましたし、直径2センチぐらいの胆石が2個入っていました。医師によればもっと早く検査していればそれほどの痛みの経験をしなくても手術で楽に取れていたのにねとの事でした。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    医者は今後も考えて胆嚢を摘出したといっていたが、油ものの摂取がお腹を壊しやすくなるなどの説明は全くといっていいほどなかった。緊急だったために仕方のない事かもしれないが、今後胆石の手術等を考えておられる方は手術に伴うその後の生活の不備などを医者からよく説明を受けて検討してから手術をする方がいいと思う。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆のう膵臓など生存率の低いがんは早期発見しか治す方法はありません。 胆石症など持病のある場合は症状がなくても早めに専門医に相談することをお勧めします。 今回胆石症と同時に胆のうがんということで経過観察は長引きましたが、このタイミングで胆のうがんがわかったことは幸運だったと思っています。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    個人病院の医師はまだ若いから異常はないはずだと、すすんで検査すらしてもらえず、症状がひどくなり、こちらから打診しないとしたい検査ができなかった。もっと検査をすすめてもらいたかった。外科で胆嚢を摘出してから傷の経過観察がされ、完治となったが、相変わらず血液の数値が良くはなかったが、外科の医師は何も言う事もなく、それから内科治療なども一切していないがこのままで良いのか不安である。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    今は規則正しい生活を送れているが、昔は不規則で精神的にも身体的にもボロボロだった。身内に胆石ができたという人がいて病気のことは知っていたが、自分がなるとは思っていなかった。なりやすい原因を知っていても、当時の生活習慣は変えられなかったが、気を付けることは出来たので少し後悔しています。胆石が一度できたら再発しやすいみたいなので、常に食べる物に気をつかわないといけないのが大変です。油ものや辛いもの、消化に悪いものを少し食べただけでも胆石ができるという人もいるので、今健康な人も日頃から生活習慣を改めた方がいいと思いました。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石は随分若いときからもあったみたいで物凄く大きくなっていて先生も苦労してきたみたいですね脂物は注意して下さいと処方されていましたが今はのんでいみませんその影響かもしれませんけど糖尿に数値が上がってしまいました。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    始めのころは症状が出てもすぐ収まったので、原因が何かわからずにいた。症状のないときに健康診断で血液検査をしても異常値は出ず、見逃すことになったと思う。右脇腹の痛みが合ったらその時にすぐ受診して血液検査をまずは受けるべきだと思う。
  • 胆石溶解療法による治療を受けた方からのアドバイス

    今は特に困ったことはなく、症状もないのだが、不安感はつねに付きまとう。最初は胆石だけであったが、ポリープもでき、さらに不安感はましてきた。ポリープも大きくならなければ問題なさそうだが、定期的に検査して、現状をよく把握しておく必要がある。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    地域によっても病院によっても先生によっても技術の差がすごくあまり大きいので後から知り驚いた。友達2人が同じ胆嚢の手術をして傷の大きさも入院の日数もかなり違い私の手術をした先生の腕の確かさにあらためて感謝した。腕の良いドクターをたまたま知っていたので本当に良かったとおもった。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    誰でもいつかはなにかの病気になることが考えられる。そのときに、慌てず、ただほっておくようなことはせず、はやめにお医者さんにかかって、適切な薬をもらい、適切に処置をしてもらって、早く良くなることが一番大事なことではないかと思います。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    まさか自分が入院をし手術までするとは思っていなかった。今回石ができたのはどうしてかはわからないが石ができやすい家系かとも思うができてしまったのはしょうがない。私はまだ小さく炎症もなくすぐに手術ができたからよいが他の方は炎症が収まらなくて3cmの石があると聞き1月以上入院しているという事でした。早期発見と術後のケアが大事です。今の体を見て術後をまじめに行えばよかったと後悔しています。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石症では腹腔鏡手術が技術向上で一般的となってるようです。こんなに簡単で済むならもっと早くやっておくんだったと思う次第です。入院手術となると不安になりますが、たいへん短期で、手術後すぐに歩いて動けますし、3日目には退屈で帰ってしまいたいと思っていました。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    変に我慢などせずにもっと早く受診していればとも思ったのですが、あの時点でも気付かない医師もいた事ですし難しいもんですね。ただ、みぞおちあたりの痛みが必ずしも胃から来るものだとは限らないと知っていれば痛みの伝え方に違いがあったかも知れません。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    ストレスや偏りのある食生活により胆石が出来たと聞いたが当時は避けられなかったので仕方ない事だと思っている 油分を控えるなりコーヒーを飲む量を多少減らせていたら少しは症状が出るのを抑えられたのかも知れない
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石は突然にやってくるのだなと実感しました。もう少し人間ドックであることが判っていたなら、ドックにて胆石が動き出すときのことを教えてもらえれば 自分の中でもう少し病院を選んでいけたのかと思いました、事前にあることが判っていたなら 事前に手術で胆石をとってしまうことも出来たのにと入院した先生より話がありました。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆嚢を摘出しても、人間は生きられる。(術後30年たってもまだ生きている) 生活は術前と変わらない。裸にならなければ術跡は他人にわからないし、術痕はだんだん薄くなる。 食生活も暴飲暴食をしなければ問題ないです。
  • 胆石溶解療法による治療を受けた方からのアドバイス

    いつ起こるかわからないので、不安を抱えたままの生活を送っている。 一番困るのは、海外にいる時に再発すると病院などの手配は費用の面で、非常に困る。 どうしたら再発しなくなるのか、手術以外に完治する方法がないのかを知りたい。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    誰かが側に居てくれないと痛みに一人では対処出来なかった。特に開腹手術をした時には2日間絶食になり胃から管が出ていたので落ち込むこともあった。気分転換になるような話し相手がいてくれたり退院した後も食生活にセーブしてくれる人がいるのはありがたかった。
  • 胆石溶解療法による治療を受けた方からのアドバイス

    痛みなどはなかったが、脂っこい食事をとると胸やけがするようになり、あまりたくさん食べられなくなった。また、定期検診のための通院、CTやMRIなどの検査も受けることになった。現在も痛みはないが、定期検診を行っている。脂っこいものをたくさん摂ると胆石になるともいわれているようだが、自分でもよくわからない。
  • 胆石溶解療法による治療を受けた方からのアドバイス

    前々から想定されたことなので、症状が発症してからの対応は主治医の指摘をよく理解していたため、まったくなんのためらうこともなくかかりつけ病院に安心して任せられたので、自分自身も安心して対応できたし、主治医も想定なのですぐに治療方法が決定した。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石は年齢にあまり関係なく出来ますし、初期段階では原因不明とされることが多いです。たまたまX線検査で判明したので良かったと思います。放置しておくと黄疸から更に酷い症状が出て、命に関わる事もあるので、時々人間ドッグなどで検査を受けるのが宜しいでしょう。胆石を甘く見ていると、症状が重くなりますよ。
  • 体外式衝撃波破砕療法による治療を受けた方からのアドバイス

    ふだんから油濃いものを食べなければ良かったと思い、手術後は ふだんから食生活に気をつけるようになった。ジムに通うようになってからメタボも解消し、健康な生活が送れるようになった。体重も維持されている。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石症は、中年の女性がなるものだと言われてますが、男性もなります。腹が針を刺すような痛みのときは、医者にすぐに行ってください。それも信頼できる医者です。そうすることにより、病名をわかるからです。病名がわかったら、安心して入院してください
  • 胆石溶解療法による治療を受けた方からのアドバイス

    結構お金がかかるが、医療費控除対象のレベルには至ってないことからお金が出ていくばかりで大変だった。要因を聞いていて、当てはまることがあるので、それに対しての日頃の注意が必要であると感じ、実践の継続の難しさを感じた。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    病気になった原因は、やはり食生活だと思います、また適度の運動もしていればよかったと思っております、腹腔鏡手術については、最近事件になりましたが、自分は運が良かったのか無事成功したと思っております、実は最初に言った病院は千葉の事件になった病院でした、ほんと運が良かったと思います
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    手術の不安は強かった。医師の説明の中で、手術の成功りつは100パーセントではないが、失敗は少ない。数少ない失敗の手術をしたくないです。と言われた言葉が心に残っている。この先生は、自信があるのだと思えた。
  • 腹腔鏡下手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石があるのは30年くらい前から分かっていました。まだ石が小さいと言うことで医者からも経過観測を告げられていましたが、自覚症状が無かったので胆石のことをすっかり忘れていました。もう少し若いうちに手術していれば入院期間も短縮でき、苦しむこともなく軽くすんだのではないかと後悔しています。
  • 開腹手術による治療を受けた方からのアドバイス

    胆石の発作は本当に激しいものであり、時間、場所をかまわず発作が起きる。仕事中(会議中)に起き、救急搬送された時は本当に参った。それがそのまま人事査定につながり、減点を食らったため、昇格が一時凍結され、同期に追いつくのに時間が掛かり、給与面でも痛手を被ることとなった。

もっと読む