あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)の体験談

腹部超音波検査により、体内の胆石が小さいため、投薬治療で改善の見込みがあるであろうと判断したためです。

患者との関係:家族患者:30代男性治療時期:2014年7月

胆石とは

体内の老廃物や有害物質が代謝、解毒されたものが、脂肪の消化吸収を助ける役割をもつ胆汁として対外に排出されますが、その胆汁中の成分がうまく溶けきれず、石のように固まったものを胆石といいます。多くは胆のうで石になり、胆石(胆のう内結石)とよばれていますが、まれに肝内胆管や総胆管などの胆管に石ができる場合もあり、それらは肝内胆管結石、総胆管結石とよばれています。

胆石の症状

満足度

早期発見により軽度の症状で、通院も早く終わったので、安心しました。

副作用

治療履歴

腹部超音波検査により胆石であることがわかったが、大きさが小さいため、胆石溶解剤による胆石溶解療法を行うことになりました。
胆石溶解剤の服用後、待機療法

病気と症状について

日ごろから、腹部に膨満感と違和感があり、腹部や背中に慢性的な痛みもありました。しばらくそのままにしていたようですが、腹部の慢性的な違和感、不快感が次第に強くなってきたので、診察をした結果、胆石症であることがわかりました。

参考:胆石にかかった他の人の症状は...?

肝臓あたりに突然の激痛、深夜に緊急外来に受診しました。 ビリ...

(続きを読む)

今までも食べ物を食べて胃痛や吐気などは度々あり、個人病院で胃...

(続きを読む)

胆石にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ胆石溶解療法を選んだか

腹部超音波検査により、体内の胆石が小さいため、投薬治療で改善の見込みがあるであろうと判断したためです。

参考:他の人が胆石溶解療法を選んだ理由は...?

特に痛みなどの症状がなく、手術をすることも考えなかった。胆石...

(続きを読む)

身体への負担がいちばん軽いと 判断したためである。...

(続きを読む)

他の人が胆石溶解療法を選んだ理由をもっと読む

胆石溶解療法とは

胆石溶解剤を用い、胆石を溶かす治療法です。ケノデオキシコール酸とウルソデオキシコール酸がその代表格とされていますが、ケノデオキシコール酸には下痢や発疹、肝機能に障害をおこす副作用があるため、より安全なウルソデオキシコール酸が用いられることが増えています。

「胆石溶解療法」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

特にありません。

胆石溶解療法の効果について

症状に気づき受診し、診察ののち検査を行い、胆石であることが診断されたので、投薬による治療が行われました。

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の効果は...?

実感としては何もなかったが、ウルソ錠は胆石そのものには効いて...

(続きを読む)

すぐに痛みは消えて、普段の生活には問題なくて仕事への影響も最...

(続きを読む)

他の人が感じた胆石溶解療法の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間:1か月

治療に関する費用

診察:5,500円 薬:5,000円

副作用について

特に副作用はありませんでした。

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の副作用は...?

胆石は大きくなり、薬は効かなかったが、胆汁の流れは良くなった...

(続きを読む)

まったく副作用はなった...

(続きを読む)

他の人が感じた胆石溶解療法の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

胆石溶解療法:総合病院

胆石を患っている方へのアドバイス

早期発見が一番ですので、日ごろの生活で、少しでも気になる症状があれば、医師にかかるように心がけることが一番大切だと思いました。
食生活を整得ることが予防になるので、日ごろから意識してこの病気にかからないように気をつけることも必要だと思います。

参考:胆石を経験した他の人のアドバイスは...?

胆のう膵臓など生存率の低いがんは早期発見しか治す方法はありま...

(続きを読む)

個人病院の医師はまだ若いから異常はないはずだと、すすんで検査...

(続きを読む)

胆石を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年09月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胆石の体験談をもっとさがす

胆石溶解療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす