あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)の体験談

単にこの薬を飲んでいれば、開腹手術のリスクがかなり少なくなるからという理由で薬を処方された。

患者との関係:本人患者:60代男性治療時期:2010年3月

胆石とは

体内の老廃物や有害物質が代謝、解毒されたものが、脂肪の消化吸収を助ける役割をもつ胆汁として対外に排出されますが、その胆汁中の成分がうまく溶けきれず、石のように固まったものを胆石といいます。多くは胆のうで石になり、胆石(胆のう内結石)とよばれていますが、まれに肝内胆管や総胆管などの胆管に石ができる場合もあり、それらは肝内胆管結石、総胆管結石とよばれています。

胆石の症状

満足度

胆石に変化はなく、1年前から胆のうにポリープも見つかった。私見だが薬の影響では?

副作用

治療履歴

2010年3月からウルソ錠100mg、2011年5月からレプター錠100mg、2013年4月からウルソデオキシコール酸錠100mg

病気と症状について

右背筋部に違和感を感じ、いつも通院している診療所にいったついでに症状を伝えたところ、エコー検査をすすめられ、後日検査したところ胆石が数個見つかり、この薬を飲んでいれば手術を回避できる可能性が高まると説明され、現在も薬を処方されている。

参考:胆石にかかった他の人の症状は...?

20代の頃から右脇が釣ったように痛くなるという症状はあったが...

(続きを読む)

大腸の定期検診の前にする腹部超音波で直径1センチくらいの胆石...

(続きを読む)

胆石にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ胆石溶解療法を選んだか

単にこの薬を飲んでいれば、開腹手術のリスクがかなり少なくなるからという理由で薬を処方された。

参考:他の人が胆石溶解療法を選んだ理由は...?

まだ若くて若くて、わからなかったので、先生に完全におまかせし...

(続きを読む)

手術をするのかとドキドキしていたがまだ砂ぐらい小さいし薬を飲...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

他の人が胆石溶解療法を選んだ理由をもっと読む

胆石溶解療法とは

胆石溶解剤を用い、胆石を溶かす治療法です。ケノデオキシコール酸とウルソデオキシコール酸がその代表格とされていますが、ケノデオキシコール酸には下痢や発疹、肝機能に障害をおこす副作用があるため、より安全なウルソデオキシコール酸が用いられることが増えています。

「胆石溶解療法」の概要

胆石溶解療法の効果について

診断を受けてから、ウルソ錠100mgを処方されその後レプター錠100mg代わりまたウルソデオキシコール酸錠になったが症状にとくに変化は見られない。

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の効果は...?

薬を飲むだけだったので、特に経過もわからず、とりあえず飲んで...

(続きを読む)

ウルソ錠100mgを1日分3で服用していて薬は1か月分もらう...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた胆石溶解療法の効果をもっと読む

治療期間

投薬:7年

副作用について

とくに副作用は無かったと思うが、ポリープが出来たのは薬のせい?

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の副作用は...?

なかった。...

(続きを読む)

副作用はなかった...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた胆石溶解療法の副作用をもっと読む

胆石を患っている方へのアドバイス

今は特に困ったことはなく、症状もないのだが、不安感はつねに付きまとう。最初は胆石だけであったが、ポリープもでき、さらに不安感はましてきた。ポリープも大きくならなければ問題なさそうだが、定期的に検査して、現状をよく把握しておく必要がある。

参考:胆石を経験した他の人のアドバイスは...?

始めのころは症状が出てもすぐ収まったので、原因が何かわからず...

(続きを読む)

地域によっても病院によっても先生によっても技術の差がすごくあ...

(続きを読む)

胆石を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胆石の体験談をもっとさがす

胆石溶解療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす