あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)の体験談

身体への負担がいちばん軽いと判断したためである。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2005年10月から

胆石とは

体内の老廃物や有害物質が代謝、解毒されたものが、脂肪の消化吸収を助ける役割をもつ胆汁として対外に排出されますが、その胆汁中の成分がうまく溶けきれず、石のように固まったものを胆石といいます。多くは胆のうで石になり、胆石(胆のう内結石)とよばれていますが、まれに肝内胆管や総胆管などの胆管に石ができる場合もあり、それらは肝内胆管結石、総胆管結石とよばれています。

胆石の症状

満足度

体への負担も軽けて、通院で済まされたことが一番

副作用

治療履歴

病気と症状について

もともと胆嚢の形状が変形しており、胆石がたまりやすいといわれていたが、ついにかなりの痛みを伴った腹痛があり、主治医のところに行ったときに細かい胆石が少したまって刺激してますねと診断された。それから、精密検査がスタートした。

参考:胆石にかかった他の人の症状は...?

食後30分ほどするとみぞおちのあたりににぶいいたみを感じるよ...

(続きを読む)

胸が締め付けられる様な激痛があり、初めは心臓系の病気かと思っ...

(続きを読む)

胆石にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ胆石溶解療法を選んだか

身体への負担がいちばん軽いと
判断したためである。

参考:他の人が胆石溶解療法を選んだ理由は...?

医師に「薬を飲んでみて、翌日、違う専門の病院に行ってみてくだ...

(続きを読む)

40代男性の家族(この人の治療体験)

大きさが砂粒程度だった為、手術の必要もなく治療できる状態だっ...

(続きを読む)

他の人が胆石溶解療法を選んだ理由をもっと読む

胆石溶解療法とは

胆石溶解剤を用い、胆石を溶かす治療法です。ケノデオキシコール酸とウルソデオキシコール酸がその代表格とされていますが、ケノデオキシコール酸には下痢や発疹、肝機能に障害をおこす副作用があるため、より安全なウルソデオキシコール酸が用いられることが増えています。

「胆石溶解療法」の概要

胆石溶解療法の効果について

すぐに痛みは消えて、普段の生活には問題なくて仕事への影響も最小ですんで安心して仕事にも業務ででき
楽に対処できたこと

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の効果は...?

救急車で運ばれた際に、大学病院でエコー検査。その大学病院で頂...

(続きを読む)

40代男性の家族(この人の治療体験)

溶かす薬・ロアチンが体質的に合わず、下痢が続くので一週間程度...

(続きを読む)

他の人が感じた胆石溶解療法の効果をもっと読む

治療期間

1か月ぐらい

副作用について

まったく副作用はなった

参考:他の人が感じた胆石溶解療法の副作用は...?

副作用は一切ありませんでした。あれから3年経とうとしています...

(続きを読む)

40代男性の家族(この人の治療体験)

溶かす薬を飲みだして3日後位から下痢が続いた。...

(続きを読む)

他の人が感じた胆石溶解療法の副作用をもっと読む

胆石を患っている方へのアドバイス

前々から想定されたことなので、症状が発症してからの対応は主治医の指摘をよく理解していたため、まったくなんのためらうこともなくかかりつけ病院に安心して任せられたので、自分自身も安心して対応できたし、主治医も想定なのですぐに治療方法が決定した。

参考:胆石を経験した他の人のアドバイスは...?

変に我慢などせずにもっと早く受診していればとも思ったのですが...

(続きを読む)

ストレスや偏りのある食生活により胆石が出来たと聞いたが当時は...

(続きを読む)

胆石を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胆石の体験談をもっとさがす

胆石溶解療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす