あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆石(胆石症)の体験談

胆のうポリープもあり悪性かどうか開腹しないとわからないといわれ、胆のうを切除しても生活に困らないといわれて決心した。

患者との関係:本人患者:60代男性治療時期:1989年7月
開腹手術手術のため転院し再度検査したのち開腹手術

胆石とは

体内の老廃物や有害物質が代謝、解毒されたものが、脂肪の消化吸収を助ける役割をもつ胆汁として対外に排出されますが、その胆汁中の成分がうまく溶けきれず、石のように固まったものを胆石といいます。多くは胆のうで石になり、胆石(胆のう内結石)とよばれていますが、まれに肝内胆管や総胆管などの胆管に石ができる場合もあり、それらは肝内胆管結石、総胆管結石とよばれています。

胆石の症状

満足度

術後、胆汁を鼻から吸い上げていたが短期に抜き取られたため体調が激変して入院期間が1週間も伸びてしまったから

副作用

治療履歴

1989年8月
開腹手術

病気と症状について

肉や焼き魚がたべられなくなって、お酒も飲めなくなったと思っていたら気分が悪くなって、はじめはただ気持ちが悪いという症状で、不整脈も出ていたので、検査入院を勧められて検査をしたら、胆のうが白くなっていると聞かされびっくりした。毎年健康診断は受けていたのに理由もわからずとにかく精密検査を勧められ、胆石症と診断された。

参考:胆石にかかった他の人の症状は...?

突然、お腹が痛くなり、しばらく我慢していると良くなりました、...

(続きを読む)

毎年人間ドックを受診し、胆石の症状をみてもらっていたが、変化...

(続きを読む)

胆石にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ開腹手術を選んだか

胆のうポリープもあり悪性かどうか開腹しないとわからないといわれ、胆のうを切除しても生活に困らないといわれて決心した。

参考:他の人が開腹手術を選んだ理由は...?

胆石を溶かす方法では無理、手術しか無いと言われて、入院して手...

(続きを読む)

毎日痛みが続くので、手術しました。内視鏡が無理なほど悪くなっ...

(続きを読む)

他の人が開腹手術を選んだ理由をもっと読む

開腹手術とは

みぞおちから右わき腹、または腹部のへそにかけて15~20cmほど切開し、胆のうを摘出する手術です。かつてはこの開腹手術が主流でしたが、現在では腹腔鏡下胆嚢摘手術が第一選択の術式になっています。

「開腹手術」の概要

開腹手術の効果について

術後の胆汁の吸い上げ期間が短かったために回復は遅れたが、脂っぽい食品に対する嫌悪感は消えたと思う。血圧が高めだったのが手術後は逆に低めに推移し現在に至っている。

参考:他の人が感じた開腹手術の効果は...?

診断から手術までは数日、検査と手術で2週間、1週間の経過観察...

(続きを読む)

特にありません。手術は開腹ですが、自分で判断できなかったから...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:3週間
治療期間:6か月

治療に関する費用

入院 150,000円

副作用について

胆汁を吸い上げる期間が短かったことから他術後の回復が遅れた

参考:他の人が感じた開腹手術の副作用は...?

胆嚢造影の際の造影剤で、吐き気とめまいがして1日間安静にして...

(続きを読む)

特に副作用はありません。薬も使ってないからです...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の副作用をもっと読む

胆石を患っている方へのアドバイス

胆石は痛いものだと思っていたが、痛みのない胆石症もあることが分かった。年2回も健康診断を受けて健康そのものと思っていたのがレントゲンでもはっきりわかるほどの胆石ができていたなんてびっくりそのものであった。摘出した胆のうは学術研究に使わせてほしいといわれ病院に提供してきたが、急激に胆石はできるものもあることを肝に銘じておく必要がる。

参考:胆石を経験した他の人のアドバイスは...?

病気になった原因は、やはり食生活だと思います、また適度の運動...

(続きを読む)

手術の不安は強かった。医師の説明の中で、手術の成功りつは10...

(続きを読む)

胆石を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胆石の体験談をもっとさがす

開腹手術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす