あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胆のう炎(胆道感染症、胆管炎)の体験談

緊急のため選択の余地はありませんでした。

患者との関係:本人患者:60代女性治療時期:2017年12月
腹腔鏡下胆のう摘出術特にありません

胆のう炎とは

ほとんどが細菌により胆のうにおこる炎症とされています。胆石のような胆汁の流れを妨げるようなものがあると発病しやすくなります。暴飲暴食や脂質の多い食事をさけることが予防に繋がるといわれています。

胆のう炎の症状

満足度

傷も小さく回復も早く身体への負担が少なかったです。

副作用

治療履歴

2017年12月腹腔鏡手術。

病気と症状について

数年前から胃の不調が頻繁にあり、胃カメラをしても異常なしで薬を渡されて終わっていました。今回もまた同じ痛みに襲われ消化器科を受診しましたが投薬のみで済まされました。今回ばかりは痛みがドンドンひどくなり身動きも取れない痛みになり主人が救急車を呼び総合病院に搬送され検査の結果、胆石胆嚢炎と判明し、緊急手術となりました。我慢しすぎで拗らせ2時間の予定が6時間の腹腔鏡手術、あと1週間遅れていたら危なかったと言われたそうで、ゾッとしました。今までの病院は何だったのか腹が立ちました。術後は回復も早く退院が5日目でした。現在3ヶ月経ちましたが、食べると下痢、状態がまだ続いています。体重も3キロ程減りましたが不快な胃の?症状がすっかりなくなり快適です。

参考:胆のう炎にかかった他の人の症状は...?

仕事中、腹部に激しい痛みが走り、我慢できなくなって公立病院で...

(続きを読む)

高熱がと腹痛が出て、医師に診ていただいた結果、胆のう炎と診断...

(続きを読む)

胆のう炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ腹腔鏡下胆のう摘出術(内視鏡手術)を選んだか

緊急のため選択の余地はありませんでした。

参考:他の人が腹腔鏡下胆のう摘出術を選んだ理由は...?

開腹手術より傷が小さく、早く退院できるから。胆のうは除去して...

(続きを読む)

他の治療法などないとの認識。摘出手術しかないといわれた。ただ...

(続きを読む)

他の人が腹腔鏡下胆のう摘出術を選んだ理由をもっと読む

腹腔鏡下胆のう摘出術とは

お腹に1~2cmの傷を数箇所あけ、二酸化炭素ガスでおなかをふくらませてから、腹腔鏡と専用の機器を傷口からいれて、テレビモニターで観察しながら胆のうを切除する手術です。切除した胆のうは臍の上にあけた傷口から取り出します。

「腹腔鏡下胆のう摘出術」の概要

腹腔鏡下胆のう摘出術(内視鏡手術)の効果について

次の日から歩け、一ヵ所だけ傷口が塞がるのが遅かったですが、毎日回復しているのを実感できました。

参考:他の人が感じた腹腔鏡下胆のう摘出術の効果は...?

胆のう炎の症状はなくなった。下痢については、胆のうがないこと...

(続きを読む)

腹腔鏡手術は手術時間も短く、入院期間も短くて済み、体への負担...

(続きを読む)

他の人が感じた腹腔鏡下胆のう摘出術の効果をもっと読む

治療期間

入院5日

治療に関する費用

入院10万位。 薬剤はありませんでした。

副作用について

下痢が頻繁に起こり、現在も改善はされてますがまだ続いています。

参考:他の人が感じた腹腔鏡下胆のう摘出術の副作用は...?

食後に急激に下痢の症状が起きるようになった...

(続きを読む)

手術後の痛みなど一切なく、食事などについても今までどおりに生...

(続きを読む)

他の人が感じた腹腔鏡下胆のう摘出術の副作用をもっと読む

胆のう炎を患っている方へのアドバイス

私は何年も胃の病気と思い込みクリニックに通い3回も胃カメラを飲みました。異常なしに安心して済ませた結果、救急車で搬送される結果となりましたのでセカンドオピニオンをぜひお薦めします。

参考:胆のう炎を経験した他の人のアドバイスは...?

胆石や胆のう炎にかかった経験がなかったので、激しい痛みに最初...

(続きを読む)

病気になって困ったことは、自分で広告代理業を経営していたので...

(続きを読む)

胆のう炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年03月20日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胆のう炎の体験談をもっとさがす

腹腔鏡下胆のう摘出術(内視鏡手術)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす