あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは

からだを動かすことができないほどの疲労が、6ヶ月以上の長期間にわたって続き日常生活に支障きたす病気です。風邪に似たような症状から始まり、休んでいても疲れがとれることがありません。症状の特徴としては、慢性的な激しい疲労感以外にも、微熱、頭痛、筋肉痛、咽頭痛、リンパ節腫脹、脱力感、思考力の低下、睡眠障害、抑うつなどをともなうことがあります。
慢性疲労症候群の診断を確定できる検査はありませんが、甲状腺疾患、精神的な問題、アルコール依存症、肝臓疾患、腎臓病、服用中の薬の副作用など、同様の疲労感の症状をひきおこす、他の病気との鑑別が重要とされています。
また、この病気を発症させる原因としてウィルス感染、免疫異常、ストレスなどの説もありますが、今のところはっきりとした原因は分かっていません。そのため根治的治療法が確立されておらず、症状に応じた対処療法を行うことが多いとされます。
しかし、線維筋痛症という病気の症状などと共通する点が多く、類似の疾患であるという考え方もあり、線維筋痛症の治療に準じた形で治療を行うことがあります。

症状と原因

風邪に似たような症状がいつまでも長引き、疲労感や筋肉痛、気管支炎などをともなうことがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

病気を根本的に治癒させる方法は確立されていないため、基本的には、もっとも強くあらわれている症状に対処するための治療や、身体機能の改善を目的とした治療法を選択していきます。特に睡眠、認知力の低下、うつ症状や不安など、これらの症状にあわせた治療法を行うことが多くなります。
主な治療法としては、薬物を使用することになります。また、長く休養をとりすぎると、かえって体力が低下することもあるため、医療専門家のもと身体機能を高めるための運動を行う場合もあります。また、約半数の方にうつを併発することが多く、心理療法などを合わせて行うこともあります。

更新日:2018年11月20日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす