あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮頸がん

子宮頸がんとは

子宮頸がんは女性特有の病気です。子宮体部の下方、膣とつながっている部分にできる悪性腫瘍で、婦人科がんの中ではもっともかかる割合の高い病気です。

症状と原因

初期の子宮頸がんは自覚症状がなく発見されづらい病気です。そのため多くの場合、検診により発見されます。

体験談

体験談を見るにあたって

子宮頸がんでは、子宮の温存と再発の可能性を天秤にかけ治療法を選択していきます。がんの治療には一般的に手術療法、放射線療法、化学療法、(抗がん剤)があり、これらを単独、もしくは組み合わせて行います。
手術療法は大きく3つに分けられ、
(1)子宮を残し頸部を切除、摘出するもの
(2)子宮を摘出するもの
(3)子宮とその周囲の組織を切除、摘出するもの
があります。
1の手術療法では妊娠の可能性を残せますが、(2)、(3)の手術療法では妊娠の可能性は失われてしまう治療法となっています。
※(1)の手術療法には条件がありますので注意が必要です。
切除箇所や器具によってどのような特徴があるかを理解したうえで選択をしましょう。

0期、IA1期の方には診断と治療の役割をもつ円錐切除術での治療が普及されています①。診断と治療をかね備えた円錐切除術を行うことにより、脈管侵襲の有無を判断します。脈管侵襲が見られない場合、この円錐切除術を最終治療とすることがあります。

IA期の方には一般的に単純子宮全摘手術が行われます(2)。この治療法では妊娠の可能性が失われてしまうため、IA期(IA1期・IA2期)の中で条件を満たす方のみ子宮体部を残す広汎性子宮頸部摘出術を行ない、妊娠の可能性を残す手術が選択可能です(1)。広汎性子宮頸部摘出術による妊娠の可能性の低下や早産のリスクも増えるため、慎重に検討しましょう。

IA2期、IB期、IIA期、IIB期に対しては、広汎全摘出術と呼ばれる子宮と膣、周囲のリンパ節も合わせて切除する方法があります(3)。
術式も開腹手術や腹腔鏡での施術などがありますので、メリット、デメリットを比較して、治療法を選択して下さい。
III期以降では、化学療法や放射線を併用する放射線科学療法を行ないます。

更新日:2017年05月23日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす