あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

白内障

白内障とは

カメラのレンズに相当する目の中の水晶体が白くにごってしまう病気です。それによって集めた光が眼底に届かなくなり、視力が低下します。

症状と原因

自覚できる初期症状がなく、非常に発見されづらい病気です。朝夕の陽の光がとてもまぶしく感じたり、太陽を背に自分を向いている人の顔が見えないなど、取り入れる光の調節ができなくなります。

体験談

体験談を見るにあたって

白内障治療における薬物は、進行を遅らせるものであり、水晶体の混濁を透明にする効果はありません。そのため白内障の一般的な治療は、手術となっています。
手術療法の中心は、水晶体をくだいて吸い出す「超音波白内障乳化吸引術」とよばれるものですが、進行し重症化するとこの方法が行えなくなってしまうので、早期発見、早期治療が必要です。

更新日:2018年11月16日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす