あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)のTS-1、シスプラチン併用療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

胃がん(胃の悪性腫瘍)の「TS-1、シスプラチン併用療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、胃がんのTS-1、シスプラチン併用療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
術後にリンパを検査した際、少し不安がのこる結果だったため抗がん剤をはじめました。 (40代男性)」や「病院で入院生活を送るよりも、なるべく自宅で暮らせるようにする方がよいと主治医から勧められました。家族たちも自宅での生活を希望しており、自宅で生活が可能な治療法を選択することにしました。 その為、TS1の自宅での服用やシスプラチンの通院での投与、月に1度腫瘍マーカーの検査を行い、主治医に進行度合いの説明を受けました。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-9件目を表示/全9件

TS-1、シスプラチン併用療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

TS-1とシスプラチンを併用した治療法です。どちらの薬もDNAの合成を阻害することで、がん細胞の増殖を抑えるはたらきがあります。TS-1は飲み薬、シスプラチンは点滴によって投与されます。シスプラチンは他の抗がん剤の効果を高める増感薬として使われる場合もあります。

TS-1、シスプラチン併用療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年01月18日

TS-1、シスプラチン併用療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談