あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)の体験談

胃がん(胃の悪性腫瘍)の「内視鏡的粘膜下層切開剥離術」に関する体験談をまとめています

このページでは、胃がんの内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を経験された方の体験談を掲載しています。
当時、最新の治療法で開腹しなくてよい低侵襲の治療法だったこと。 (60代男性)」や「全摘出をしたあとの生活の質や、身体への侵襲を考えて内視鏡ESDを選びました (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-7件目を表示/全7件

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)とは

胃カメラを使いその映像を確認しながら、高周波ナイフを用いて胃がん対象範囲の粘膜を切開し、さらに粘膜下層を剝離して切除する方法です。手術後は年1回~2回の内視鏡検査が望ましいとされています。

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)の詳細はこちら

更新日:2017年01月18日