あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の開腹手術の体験談

胃がん(胃の悪性腫瘍)の「開腹手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、胃がんの開腹手術を経験された方の体験談を掲載しています。
当時は何も考えられなく、医師の判断に全てまかせた。 (60代男性)」や「医師の勧めで胃と十二指腸の全摘出。 (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全79件

開腹手術とは

胃をすべて摘出する場合や一部を摘出する場合があり、がんのできた部位によって切除範囲を決定します。リンパ節を切除することをリンパ節郭清といい、胃がんはリンパ節に転移をしている場合があるので、事前のCT検査などにより範囲を特定し切除を行います。胃がんではリンパ節に転移しても近くにとどまっていることが多く、近くにとどまっている段階であれば手術によって切除することが可能です。がんが深くなるほど、リンパ節に転移している可能性は高まり、遠くのリンパ節まで転移が届いている可能性場合があるため、リンパ節切除の範囲も広がります。

開腹手術の詳細はこちら

更新日:2017年01月18日

開腹手術以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談