あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の体験談

副作用が酷く、食欲不振、吐き気、味覚障害などで15キロ程痩せてしまった。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:1978年7月
開腹手術5FU抗がん剤

胃がんとは

胃のもっとも奥にある内壁を覆う粘膜内の細胞が、がん細胞になった病気です。胃の内側(粘膜上皮)から発生します。

胃がんの症状

満足度

抗がん剤はがん細胞を死滅させる事が目的であるが、正確な細胞まで死滅させるので体力と抗体を失せることにもなります。ですがそれは30年前の治療法で、現在は変わったと思います。

副作用

治療履歴

手術の後は5FU抗がん剤一年間

病気と症状について

自覚症状は殆ど無く、市の健康診断月間中にスケジュール的に時間が出来たのでと気休めな感じで健康診断を受けました。胃透視で異常が認められすぐに大きな病院での胃カメラ検査で胃癌と診断されました。医者からの告知は無かったが家族からはちゃんと言われて知る事が出来ていた。

参考:胃がんにかかった他の人の症状は...?

受診に至った経緯は特になく、他の疾病とあわせての定期的な内視...

(続きを読む)

人間ドッグの胃カメラ検査で2か所怪しい箇所が見つかり、精密検...

(続きを読む)

胃がんにかかった他の人の症状をもっと読む

開腹手術とは

胃をすべて摘出する場合や一部を摘出する場合があり、がんのできた部位によって切除範囲を決定します。リンパ節を切除することをリンパ節郭清といい、胃がんはリンパ節に転移をしている場合があるので、事前のCT検査などにより範囲を特定し切除を行います。胃がんではリンパ節に転移しても近くにとどまっていることが多く、近くにとどまっている段階であれば手術によって切除することが可能です。がんが深くなるほど、リンパ節に転移している可能性は高まり、遠くのリンパ節まで転移が届いている可能性場合があるため、リンパ節切除の範囲も広がります。

「開腹手術」の概要

開腹手術の効果について

東洋医学者に出会う事が出来、漢方薬で副作用を抑えながら抗がん剤と漢方薬併用で目的とされた1年間の抗がん剤治療が出来ました。その間副作用が酷い時は抗がん剤は休みながらでもありました。

参考:他の人が感じた開腹手術の効果は...?

薬の調整がなかなか上手くいかず、退院してからも何度か意識をな...

(続きを読む)

術後は体を動かすと痛みが走り歩くのがやっとだったが、1週間ほ...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:3週間その後通院治療(抗がん剤投与)2ヶ月間経過検診は5年前

治療に関する費用

確かな事は覚えてはいないが65万円程だったと思います

副作用について

副作用は吐き気、食欲不振、味覚障害、皮膚の色艶が失せた

参考:他の人が感じた開腹手術の副作用は...?

頭痛と動悸が、1週間くらい強く感じた。...

(続きを読む)

肝臓に負担がかかったようで、血液検査の数値が悪く、しばらく食...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の副作用をもっと読む

胃がんを患っている方へのアドバイス

まず胃が無くなった事から食後のダンピングが酷く、今尚食べ物の量を制限しながら食べています。時折油断して食べすぎ、消化が早く良いものをいただくと喘いでいます。ただ病気に罹ったお陰で弱い人・困った人の立場になれる事は自身の為には良かったと思えています。

参考:胃がんを経験した他の人のアドバイスは...?

アルコールが2ヶ月で解禁になったのは本当に予想外の早さでうれ...

(続きを読む)

がん保険に加入していたので治療費の心配はありませんでした。ま...

(続きを読む)

胃がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胃がんの体験談をもっとさがす

開腹手術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす