あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の体験談

進行状態がステージ1だったこと、がんの場所が幸いしたこと、で内視鏡的粘膜切除ですんだ。

患者との関係:本人患者:60代男性治療時期:2014年5月

胃がんとは

胃のもっとも奥にある内壁を覆う粘膜内の細胞が、がん細胞になった病気です。胃の内側(粘膜上皮)から発生します。

胃がんの症状

満足度

楽だったし、入院期間は短い。退院翌日から仕事復帰できた。

副作用

治療履歴

病気と症状について

自覚症状は全くなかったが、一年に1回受けている胃の内視鏡検査で見つかった。ステージは1と言われたが、実感がわかなかった。

参考:胃がんにかかった他の人の症状は...?

2004年の11月頃、人間ドックの胃透視(バリウム検査)でポ...

(続きを読む)

自覚症状は殆ど無く、市の健康診断月間中にスケジュール的に時間...

(続きを読む)

胃がんにかかった他の人の症状をもっと読む

内視鏡的粘膜切除術とは

胃カメラを使い、胃がんの対象範囲を持ち上げ鋼線の器具を使用し、高周波電流により焼き切る方法です。手術後は年1回~2回の内視鏡検査が望ましいとされています。

「内視鏡的粘膜切除術」の概要

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の効果について

1週間後にはアルコールも飲め、いわゆる癌患者とは思えなかった。

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果は...?

検査からそのまま手術をして癌の除去の効果があり、翌日の血液検...

(続きを読む)

50代男性の家族(この人の治療体験)

内視鏡による切除術後は、定期的に受診し胃粘膜保護薬を内服して...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間7日間

治療に関する費用

入院135,000円。薬剤は不明だがおそらく5,000円くらい。

副作用について

全くなかった。

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用は...?

特になし...

(続きを読む)

50代男性の家族(この人の治療体験)

食欲は術後1ヶ月までは続いていましたが、その後は少しづつ改善...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用をもっと読む

胃がんを患っている方へのアドバイス

胃がんの場合は、やはりある年代以上になると予防的意味で定期検診は大事です。私の場合、あと数ヶ月検診が早ければがんが分かるまでに相当進行していたかもしれない。あと費用面ですが、がん保険に入っていたため入院保障だけで入院費用を払うことができた。保険は大事です。

参考:胃がんを経験した他の人のアドバイスは...?

癌特約で500万円の支給がありましたが、しっかりとした癌保険...

(続きを読む)

まず胃が無くなった事から食後のダンピングが酷く、今尚食べ物の...

(続きを読む)

胃がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胃がんの体験談をもっとさがす

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす