あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の体験談

初期であり転移もなかったので特別な治療はせず、痛み止めと栄養剤の点滴のみでした。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2000年3月

胃がんとは

胃のもっとも奥にある内壁を覆う粘膜内の細胞が、がん細胞になった病気です。胃の内側(粘膜上皮)から発生します。

胃がんの症状

満足度

開腹手術は体力を低下させるのであまり良くないと思います。どうしてもやりようが無い時は仕方ないですが、今は内視鏡手術で行えるのでその方がベターだと思います。

副作用

治療履歴

私が手術したころはまだ内視鏡手術が一般的ではなかったので開腹手術でおこない、胃の4分の3を切除しました。初期だったので栄養剤の点滴だけで抗がん剤は使用しませんでした。

病気と症状について

早期発見だったので特に症状はありませんでした。人間ドックの検査結果いつもと違う所に胃潰瘍が出来ていたので再検査することになり胃カメラを飲みました。その時患部の周辺の組織をとり精密検査を行ったところ、ステージ1の悪性腫瘍が見つかりました。

参考:胃がんにかかった他の人の症状は...?

受診に至った経緯は特になく、他の疾病とあわせての定期的な内視...

(続きを読む)

人間ドッグの胃カメラ検査で2か所怪しい箇所が見つかり、精密検...

(続きを読む)

胃がんにかかった他の人の症状をもっと読む

開腹手術とは

胃をすべて摘出する場合や一部を摘出する場合があり、がんのできた部位によって切除範囲を決定します。リンパ節を切除することをリンパ節郭清といい、胃がんはリンパ節に転移をしている場合があるので、事前のCT検査などにより範囲を特定し切除を行います。胃がんではリンパ節に転移しても近くにとどまっていることが多く、近くにとどまっている段階であれば手術によって切除することが可能です。がんが深くなるほど、リンパ節に転移している可能性は高まり、遠くのリンパ節まで転移が届いている可能性場合があるため、リンパ節切除の範囲も広がります。

「開腹手術」の概要

開腹手術の効果について

20cm程開腹し胃の4分の3切除したので、一年間は仰向けにねても傷口に痛みが残っていました。胃の方も少しずつは食べる量が増えますが、元気な時に比べると半分程度しかいまだに食べることが出来ません。

参考:他の人が感じた開腹手術の効果は...?

薬の調整がなかなか上手くいかず、退院してからも何度か意識をな...

(続きを読む)

術後は体を動かすと痛みが走り歩くのがやっとだったが、1週間ほ...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の効果をもっと読む

治療期間

2000年3月5日に入院して、2週間ほどすべての検査を一通り行い、3月16日に手術を行い、3月28日に退院しました。その後3ケ月後及び半年後に通院し血液検査等を行いました。その後は一年ごとに通院しました。5年間通院した結果、完治の宣言をいただきました。

治療に関する費用

確か3割負担で80万円ほどかかったと思います。

副作用について

ステージ1だったので転移もなく、抗がん剤も使用しなかったので副作用は有りませんでした。

参考:他の人が感じた開腹手術の副作用は...?

頭痛と動悸が、1週間くらい強く感じた。...

(続きを読む)

肝臓に負担がかかったようで、血液検査の数値が悪く、しばらく食...

(続きを読む)

他の人が感じた開腹手術の副作用をもっと読む

胃がんを患っている方へのアドバイス

病院にいる時は栄養剤の点滴をしているので体重の変化は有りませんが、退院して一か月で5kg減って体全体の肉も少しずつ細くなってしまいました。そこで食事を消化しやすいものにしてさらにウィダーinゼリー等の栄養の補給を一日2回ほど増やし一日5回ほど食べるようにした結果3kgは回復しました。特に肉は消化が悪いので一度腸閉塞になり再入院したこともあります。食べ物が一番重要です。

参考:胃がんを経験した他の人のアドバイスは...?

アルコールが2ヶ月で解禁になったのは本当に予想外の早さでうれ...

(続きを読む)

がん保険に加入していたので治療費の心配はありませんでした。ま...

(続きを読む)

胃がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胃がんの体験談をもっとさがす

開腹手術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす