あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃がん(胃の悪性腫瘍)の体験談

信頼できる医師からの説明に納得でき、早く簡単にできたことがよかった。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2013年3月

胃がんとは

胃のもっとも奥にある内壁を覆う粘膜内の細胞が、がん細胞になった病気です。胃の内側(粘膜上皮)から発生します。

胃がんの症状

満足度

体への負担が少なかったし、体調の変化も少なかった。

副作用

治療履歴

2013年3月から、手術後ガスター剤を毎日飲んだ

病気と症状について

胃の不快感、むかつき、胸やけ、逆流性食道炎等があり、市販薬で対応していたが人間ドックの胃カメラで怪しい点が判明した。手術後検体検査でやはりがんの初期であることが判明し、手術してよかったと思った。

参考:胃がんにかかった他の人の症状は...?

人間ドックで判明。それまでは全く何も感じることなく生活をして...

(続きを読む)

胃潰瘍で入院し、完治したため退院。退院した週末に人間ドックを...

(続きを読む)

胃がんにかかった他の人の症状をもっと読む

内視鏡的粘膜切除術とは

胃カメラを使い、胃がんの対象範囲を持ち上げ鋼線の器具を使用し、高周波電流により焼き切る方法です。手術後は年1回~2回の内視鏡検査が望ましいとされています。

「内視鏡的粘膜切除術」の概要

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の効果について

継続的に検査受けて状態の確認をしている。今のところ再発はなしで体調も良い。ガスター薬は継続的にのんでいる。

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果は...?

1週間後にはアルコールも飲め、いわゆる癌患者とは思えなかった...

(続きを読む)

術後1週間で退院出来た。4週間毎の経過観察、半年後から2カ月...

(続きを読む)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:2週間治療期間:3ヶ月

治療に関する費用

すべて含んで25万位

副作用について

胸やけ

参考:他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用は...?

全くなかった。...

(続きを読む)

副作用はなかった...

(続きを読む)

他の人が感じた内視鏡的粘膜切除術の副作用をもっと読む

胃がんを患っている方へのアドバイス

手術方法が色々あること、発見が早ければ治療の選択肢は増えるので、面倒でも定期検査は必要です。気になることがあるのなら、後回しにしないで行政の制度等を調べて、積極的に利用することが賢明です。何より体調がいいことは最高です。

参考:胃がんを経験した他の人のアドバイスは...?

結果ではあるが時間との戦いと思って慌てて摘出をしたが、別の病...

(続きを読む)

最初の食事は小さなプリンなので、何の気なしに一口でペロッと食...

(続きを読む)

胃がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月18日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

胃がんの体験談をもっとさがす

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす