あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)胃がん(胃の悪性腫瘍)

概要

腹部に5mm~12mmの穴を数ヶ所開け、専用のカメラや手術器具を挿入し、モニター画面でお腹の中の横隔膜より下部の空間内を観察しながら、器具を操作して胃の切除を行う方法です。

他の治療法に比べての優位性

傷や手術後の痛みが少なく、術後呼吸機能の低下や腸閉塞の発症などの偶発症が少ないことが指摘されています。比較的傷が小さく術後の回復が早い傾向にあるため早期の退院が可能です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

肺炎で入院中、神経内科医に「エビデンスがないから」といって服薬を止められてしまい、意力低下や唇の強いかみしめがおこるが、退院後、前者にはシンメトレルを、後者には芍薬甘草湯の服用を再開したところ、両者ともに劇的に改善。清肺湯は、それまで堅かった痰が、服用後さらさらになり、吸引しやすくなった。半年ほどしつこい褥瘡に悩まされ、ありとあらゆる塗り薬を使用するも効果なし、そこでプロマックを服用すると、瞬く間に完治。関係者一同驚愕。鍼灸とマッサージは、本人寝たきりなので、拘縮予防はもちろん、便秘、ガスだまり、しゃっくり、呼吸などなど、ありとあらゆる不快な症状が改善。ただし、鍼灸・マッサージともに、先生が超一流の腕があったためで、普通の鍼灸師・マッサージ師では無理かも。

50代男性の家族(この人の治療体験)

思い込みでなく、確実に症状が改善されたこと、この薬をやめると必ず不調になるので、この薬とつきあっていくことを決めました。
デングテストの結果、デング熱と判明しました。 血小板の数が、正常時の半分以下になるなど、輸液での対応が不可避とのことでした。 入院中、血小板数がなかなか戻らず、医師には輸血も勧められましたが、結局輸血は行なっていません。

留意すべきこと

開腹手術と同等の治療成績を裏付ける精度の高い調査結果がまだ示されていません。大出血の対処が困難、小さい視野での操作であるため、見えていない部分での出血や他の臓器を傷つける可能性がやや高くなります。また、胃の一部を切り取ったことによる偶発症が発生します。

実際に感じた効果

まずは、心理士の先生とのマンツーマンで行いました。 いろんなイラストなどもつかいながら、そのときにあった話をして、目標は小さくて良いし、目標達成したら自分にご褒美あげて良いと。 グループ認知行動療法では、誰かの体験を例にしたりして、個々それぞれにどう思うか考えるか話し合うことで、同じことでも見方は様々だということを学びます
シンメトレル、芍薬甘草湯、清肺湯、プロマック、鍼灸、マッサージなど、継続していたが、今年4月3日、急性心肺機能不全で死亡。53歳。

50代男性の家族(この人の治療体験)

これまでの治療や投薬がうつ病のものだったり、とても医療行為とは思えない治療で、症状は悪化していく自覚がありましたが、現在の病院、投薬でこれまでにない効果を感じました。 感情の起伏が穏やかになり、人間関係に執着することがなくなりました。 人と適度な距離を置けるようになり、特に自分が嫌われて、退職せざるを得ない状況がなくなりました。

副作用と対策

出血

手術にともなって出血がおこります。

出血が大量な場合、輸血で対応します。輸血が必要なのは3~4%程度です。

縫合不全

手術で縫い合わせた部分がうまく治癒せず、出血や炎症をおこし、疼痛や発熱などの症状があらわれることがあります。 ベーチェット病の方では病気特有の皮膚の被刺激性亢進のため、縫合がうまくいかない事があるとされています。

絶食を行い、状況によっては洗浄のための手術を行います。

低血糖

胃がなくなるために、消化が不十分な状態の食べ物が腸に届き、血糖値を下げるインシュリンが過剰に分泌されて低血糖を引きおこします。

食事回数を増やし1回の摂取量を減らしましょう。食事中の水分を控えること、糖質を摂りすぎないことも重要です。

胃切除後骨病変

食事量の減少やビタミンDの吸収率の減少により、骨粗しょう症や骨軟化症を引きおこすことがあります。

症状はすぐにあらわれません。カルシウムなどを食事から摂取することを心がけ、足りない場合は医師に相談し、乳酸CaとビタミンD製剤を摂取します。

貧血

赤血球あるいはヘモグロビンの量が減り、疲れやすい、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、頭痛、顔面蒼白、耳鳴りなどさまざまな症状がおこります。

多くの場合、休薬することで症状がやわらぎます。吸収する胃が切除されている場合は、ビタミンB12補充のための筋肉注射、または鉄剤補充のための静脈注射を行います。輸血を行う場合もあります。

逆流性食道炎

食道と胃の接合部を広げるため、胃から食道側へ胃酸や胃の内容物が逆流して、逆流性食道炎を引きおこすことがあり、胸あたりが痛む、胸やけがする、口の中が酸っぱく感じるなどの症状があらわれることがあります。

上半身を少し高くして寝ると症状がやわらぎます。症状により粘膜を保護する薬などを使用することもあります。症状があらわれた場合は早めに医師に相談しましょう。

腸閉塞

腸の中がつまり、激しい腹痛、吐き気や便秘、発熱などがおこります。

多くは絶食を行うことで症状がおさまりますが、薬物治療で対処することもあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

胃の大部分を摘出してしまったので最初は食が少なくなってしまったが、直ぐに手術前と同じぐらいの量が食べられるようになった。
食事について1年間は病院の指示通りの食事を守ったが、食後につまり感があり、苦痛な時もあった。それ以外は至って順調であった。
ステントを入れてから1か月ほどかかって黄疸が取れました。しかし、体力が落ちてしまい、歩行が困難になってしまいました。

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

費用

約1,600,000円 ※手術の費用、術後の抗がん剤の費用は含みません

(※保険については現在調査中です)

実際にかかった費用

約60万円(差額ベッド代含む)。身体への負担がほとんど無く素晴らしい治療方法だと思います。
入院治療費を含め100万円以上した記憶がある。当時高額医療補助の知識がなく、通常の国民健康保険の適用だけだった。

一般的な所要時間

手術時間:4~5時間
入院期間:10日~15日

適用される患者

早期胃がんの方

ステージIV期の方は適応をさけましょう。

更新日:2016年12月26日

参照元:(胃がん治療ガイドライン2014年5月改訂(第4版)日本胃がん学会http://www.jgca.jp/guideline/fourth/index.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

体験談をさがす

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

腹腔鏡下手術についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。