あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

胃がん(胃の悪性腫瘍)

胃がんとは

胃のもっとも奥にある内壁を覆う粘膜内の細胞が、がん細胞になった病気です。胃の内側(粘膜上皮)から発生します。

症状と原因

自覚できる初期症状がなく、非常に発見されづらい病気です。そのため、胃カメラなどの検査により発見される場合がほとんどです。

体験談

体験談を見るにあたって

胃がんにおいて一般的な治療法は手術療法です。抗がん剤によるがんの縮小効果は認められはじめていますが、まだ抗がん剤単独での治癒は困難とされています。抗がん剤による治療には、切除不能や再発、術後胃がんがあります。化学療法は一次治療のあとにも二次治療、三次治療と続けて行うことができますが、二次治療時の薬では、初回治療で使用されていない薬の併用か単独使用を行います。また、放射線による治療は効果に比べて周りの大腸や小腸などへの影響が大きいため、胃がんの治療法として放射線が選ばれることは稀です。

更新日:2017年01月18日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす