あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脊柱管狭窄症(広範脊柱管狭窄症、頚椎脊柱管狭窄症、胸椎脊柱管狭窄症、腰椎脊柱管狭窄症)

脊柱管狭窄症とは

背骨にある脊髄神経(中枢神経)の通り道である「脊柱管」が、加齢による背骨の変形などによって狭くなり、脊髄神経を圧迫することで痛みやしびれなどの症状を引きおこす病気です。

症状と原因

狭窄(せまくなること)が頚椎におきている場合は、腕や指のしびれや極度の肩こり、脚のしびれや突っ張り、歩行障害、頻尿などの症状があらわれます。
狭窄が胸椎におきている場合は、脚のしびれや突っ張り、歩行障害、頻尿などの症状があらわれます。
狭窄が腰椎におきている場合は、立ったり歩いたりしたときに、脚に痛みやしびれ(坐骨神経痛)があらわれ、長時間の歩行が困難になります。少し休むと症状が軽減するため、歩行と休息を繰り返す「間欠性跛行」が特徴的な症状です。また、前屈みになると症状が軽くなるのも特徴です。

体験談

体験談を見るにあたって

一般的に、初期の段階では症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すため、保存的治療を行いながら経過を観察します。
保存的治療で回復がみられない場合や、手足の麻痺や歩行困難、排尿・排便障害がある場合は手術療法をおこない、症状の改善を図ります。重度の脊髄麻痺をおこしてしまうと手術をしても回復は芳しくないため、手術のタイミングの見極めが重要となります。

更新日:2018年12月04日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす

関連する病気