あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)

燃え尽き症候群とは

やる気を高く保って頑張っていた人が、望んだ結果が得られなかった時などに、突如モチベーションややる気を失ってしまい、仕事や生活に対して大きな虚無感を抱くようになった状態のことなどを燃え尽き症候群といいます。またはバーンアウト症候群ともよばれ、頑張り過ぎが原因ともいわれます。
おもな症状としては、急に燃え尽きたかのように、あらゆることに意欲をなくし、社会に適応した生活を送ることが難しくなってしまった状態となることがあります。また、仕事などで常にストレスにさらされている状態が長期にわたって続くと、急に疲れ果てて意欲を失ってしまったり、情緒不安定になることがあります。そのため仕事に対して効率が悪くなるために、怠けているようにみられることもあります。
対人関係においても興味を示さなくなったり、人生に対して常に不満を抱くようになり、悲観的に物事を考えがちになります。
燃え尽き症候群は特に、対人援助職(医師や看護師、介護士など)や仕事一筋のビジネスマン、受験生に多いとされ、真面目で責任感が強く、理想が高い人ほどなりやすいといわれています。

症状と原因

身体症状としては、朝おきられない、疲労感が強い、休んでも疲れが取れにくい、肩こり、頭痛、不眠、食欲不振などがあらわれることがあります。また、精神症状としてはイライラしたり、人との関わりを持ちたくなくなる、不平不満が増えるなどがみられることがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

燃え尽き症候群は、精神疾患として定義されているものではないため、明確な診断基準や治療法は確立されていませんが、まずは生活リズムや環境を整えるなどして、心身の疲労を回復することが症状の改善において重要とされます。
ただし、燃え尽き方の程度が大きく、二次的にうつ症状や不安症状が強い方の場合は、対処療法として抗うつ剤や抗不安薬、睡眠薬などを使用し、その症状をやわらげることがあります。
しかし一時的に症状が改善したとしても、原因となっている思考や行動のパターンが変わらないかぎり、再発することも考えられるため、カウンセリングなどの心理療法をうけることにより、根本の原因を解消する治療を行うこともあります。

更新日:2017年01月30日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす