あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんで「タモキシフェンクエン酸塩」による治療を受けた方が感じた副作用

更新日:2017年01月19日

このページでは、乳がんのタモキシフェンクエン酸塩を選択した方々の、その治療後に何か副作用は出てきたか?出てきたのであれば、その副作用はどのようなものだったか?という体験についてまとめております。

1-6件目を表示/全6件
  • 治療後直ぐからの吐き気や倦怠感。2週間後には徐々に頭髪が脱毛して、ウィクリータキソールの時は全身の毛という毛が全て脱毛した。
  • 三か月後エストロゲンの分泌が少なくなり月経が不規則になった
  • 主治医から脱毛等の説明はあったので当時はロングヘアだったのでショートカットにしたのだが1回目の投薬治療3日間で全て頭髪が抜け落ちた※医師や看護師さんもそんな患者は初めて見たらしい吐き気、便秘は聞いてた通り両足の親指の生爪が剥げて大変だった※同じ時期に治療してた患者さんに1人もいなかった
  • 全くなかった。
  • 投与2日後、毎回気分の悪さ食欲不振が2日程ありました。 投与の6時間後に声枯れがあり1日ほど続きました。 投与後3週目から抜け毛始まり、約1ヶ月で無毛状態になりました。 投与後3ヶ月後頃から指先などのしびれ、リウマチのような症状、無力状態、血圧上昇などがありました。
  • 体毛が少し濃くなった

もっと読む