あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

乳がんのタモキシフェンクエン酸塩(抗悪性腫瘍薬、ホルモン療法、抗がん剤)の体験談

乳がんのタモキシフェンクエン酸塩に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、乳がんのタモキシフェンクエン酸塩(抗悪性腫瘍薬、ホルモン療法、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
リンパ節転移が認められなかったことと、ホルモン依存性の乳がんであることが認められたため (40代女性)」や「医師より勧められたが、脱毛等あり精神的にも身体的にもキツかったので (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-6件目を表示/全6件

タモキシフェンクエン酸塩(抗悪性腫瘍薬、ホルモン療法、抗がん剤)とは

ホルモン療法は、ホルモン依存性の乳がんの増殖をうながす、女性ホルモン(エストロゲン)が働かないようにする治療法です。タモキシフェンはエストロゲンががん細胞に働きかける作用を抑制します。術前や術後に継続投与することでホルモン依存性の方の再発抑制効果が期待できます。

タモキシフェンクエン酸塩(抗悪性腫瘍薬、ホルモン療法、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年01月19日

タモキシフェンクエン酸塩(抗悪性腫瘍薬、ホルモン療法、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

乳がんの体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす