あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんの放射線治療の体験談

乳がんの「放射線治療」に関する体験談をまとめています

このページでは、乳がんの放射線治療を経験された方の体験談を掲載しています。
毎週5日間、5週間にわたって治療に通わなければならなかった。 (50代女性)」や「メンタルが落ちている私を毎日支えてくれた放射線チームスタッフが素晴らしかった。「まさか私が乳がんになるなんて」という考えからメンタルが落ち、表情も暗くなっていた。放射線治療の説明に「2次癌の可能性」などという説明もあり、不安に押しつぶされそうになっていた。私の場合、温存か全摘かの最終的な判断は、自分だった。放射線治療中は「本当に温存手術で良かったのか?」とずっと自問自答していたが、治療最終日に「お疲れ様でした」とスタッフ全員から声をかけてもらい、看護師さんからは「きっと良いこともあるからね」と笑顔で送り出してくれた。私はその場で号泣してしまった。放射線治療は平日毎日通うのだが、振り替えてみると、スタッフの思いやりや寄り添ってくれていたことに気がついたからだ、そして、治療後に「私はこの治療で良かった」と胸を張って言えるようになっている。一番印象に残ったのは、素晴らしいスタッフからの治療法である。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-28件目を表示/全28件

放射線治療とは

がんとその周辺のみを治療する局所療法です。
乳がんは比較的放射線が効きやすいがんのひとつといわれています。高エネルギーのエックス線を乳房にかけることで、がんの塊や微小ながん細胞を死滅させることができます。

放射線治療の詳細はこちら

更新日:2017年03月17日

放射線治療以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす