あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんの抗HER2療法(分子標的療法、抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗がん剤)の体験談

乳がんの「抗HER2療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、乳がんの抗HER2療法(分子標的療法、抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
痛みを緩和することはできても、全身に広がっているため助けられないと医師から言われました。やっておけばよかったと後悔がのこらないよう、本人が、抗がん剤治療すると決めました。家族にとってもとても難しい決断でした。 (50代女性)」や「術前化学療法をすることで腫瘍が小さくなる可能性が高いタイプのがんだったこと。他の病院に行った時は全摘と言われたのですが、温存ができる可能性が高いとのことで選びました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-5件目を表示/全5件

抗HER2療法(分子標的療法、抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗がん剤)とは

細胞の増殖や悪性化をうながす"HER2(ハーツー)タンパク"という細胞に特異的に結合することでHER2の働きを抑え、がんの増殖や浸潤を抑制し、がん細胞を減弱させたり死滅させる飲み薬です。HER2が過剰にあらわれているHER2陽性の乳がんに対して使用されます。単独で使用しても有効ですが、他の抗がん剤と併用することで効果が増大します。

抗HER2療法(分子標的療法、抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年01月19日

抗HER2療法(分子標的療法、抗悪性腫瘍薬、分子標的治療薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談