あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんのアントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)(抗悪性腫瘍薬、抗生物質、抗がん剤)の体験談

乳がんの「アントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)」に関する体験談をまとめています

このページでは、乳がんのアントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)(抗悪性腫瘍薬、抗生物質、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
がんの進行度がIII(a)だったので、わきの下のリンパにも転移している数が多かった。今後「元気で健康に、長く暮らしていくため」には必要不可欠であり、「再発や転移を防止するてめにはとても意味のある治療だと思った。 (40代女性)」や「進行度が早いと言われたので、少しでも腫瘍を小さくしたかったから。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-19件目を表示/全19件

アントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)(抗悪性腫瘍薬、抗生物質、抗がん剤)とは

がんを縮小させ、がん細胞の進行による症状の緩和や転移、再発などを防ぐ目的でおこなわれます。術前や術後の補助療法として使われる場合や、進行または再発がんの治療に使用される場合があります。
いくつかの薬を組み合わせて同時に用いることが原則とされ、静脈内注射によって行われます。
薬はアンスラサイクリン系とタキサン系がもっとも有効だといわれています。

アントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)(抗悪性腫瘍薬、抗生物質、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年04月25日

アントラサイクリン系、タキサン系(単剤、併用)(抗悪性腫瘍薬、抗生物質、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす