あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんの体験談

どうしてもシリコンインプラントに抵抗があったから。(10年に一回入れ直すとか嫌だった)

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2014年5月
乳房再建術自家組織で同時再建

乳がんとは

乳房は、母乳をつくる乳腺と、乳汁を運ぶ乳管、そしてそれを支える脂肪などからできています。乳がんとは、乳腺にできる悪性腫瘍のことをいいます。乳がん全体のうちおよそ90%が乳管から発生する乳管がんといわれています。残りの10%は小葉とよばれる乳腺を構成している部分へ発生するもので、小葉がんとよばれています。

乳がんの症状

満足度

数日寝たきりになったけど自分の胸が出来て良かったです。

副作用

治療履歴

抗女性ホルモン剤

病気と症状について

4年くらい前からしこりがあり、半年に一度定期的に検査をしていたが、ある日突然乳頭から膿と血が出るようになった。悪性に変わったようです。これまで通っていた病院では同時再建は出来ないため、先生の紹介で同時再建の出来る腕のいい先生のいる大学病院に移りました。

参考:乳がんにかかった他の人の症状は...?

しこりがあることに気が付いて受診した。触診の段階で乳がんであ...

(続きを読む)

定期的に受けていた人間ドッグのマンモグラフィで疑いがあるとい...

(続きを読む)

乳がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ乳房再建術を選んだか

どうしてもシリコンインプラントに抵抗があったから。(10年に一回入れ直すとか嫌だった)

参考:他の人が乳房再建術を選んだ理由は...?

乳房全摘 乳房再建...

(続きを読む)

他の人が乳房再建術を選んだ理由をもっと読む

乳房再建術とは

乳がんの方のからだの組織を移植し、乳房を再建する方法です。
■広背筋皮弁法:背中の筋肉(広背筋)、皮膚、脂肪に血管をつけた状態の組織を胸に移植し乳房をつくる再建方法です。
■腹直筋皮弁法:お腹の筋肉(腹直筋)、皮膚、脂肪に血管をつけた状態の組織を胸に移植して乳房をつくる再建方法です。
■穿通枝皮弁法:筋皮弁法のように筋肉を使わず、お腹などの脂肪組織を、脂肪組織につながった細い血管ごと胸に移植し乳房をつくる再建方法です。

「乳房再建術」の概要

乳房再建術の効果について

術後1年後に健側からの乳頭再建、その1年後メディカルタトゥーで乳輪を作りました。投薬は女性ホルモン過多のため、抗女性ホルモン剤を飲むだけなので順調です。

参考:他の人が感じた乳房再建術の効果は...?

これからは 再建で食塩水を少しずつ注入して膨らみを再建して...

(続きを読む)

他の人が感じた乳房再建術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:17日

治療に関する費用

入院手術¥210000

副作用について

お腹から胸へ移植したのでお腹が痛かった。慣れない入院でずっと頭痛に悩まされていた。

参考:他の人が感じた乳房再建術の副作用は...?

副作用なし痛みのみ。...

(続きを読む)

他の人が感じた乳房再建術の副作用をもっと読む

乳がんを患っている方へのアドバイス

自家組織による同時再建は大変ですが、メンテナンスがいらない自然な胸になりますょ。あと、乳頭再建での健側からの移植の時の麻酔は物凄く痛いです!!メディカルタトゥーは保険外なのですごくお高いです。心して臨むように!

参考:乳がんを経験した他の人のアドバイスは...?

乳癌は女性にとっては、ショックが大きい癌でありその治療法もそ...

(続きを読む)

まさか自分がなるとは思っていなかったので驚いたが、早期発見が...

(続きを読む)

乳がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

乳がんの体験談をもっとさがす

乳房再建術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす