あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳がんの体験談

胸骨下のリンパ節が侵されてた場合、全身を巡る重要なリンパ節も侵されていることが考えられる。その場合、今後の治療方針も考え直さなければならない。との説明を受けたため決断。手術は、胸骨2本を2cm切除するとのことで、その後の胸骨は再建されないので不安定であるとのこと。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2005年8月

乳がんとは

乳房は、母乳をつくる乳腺と、乳汁を運ぶ乳管、そしてそれを支える脂肪などからできています。乳がんとは、乳腺にできる悪性腫瘍のことをいいます。乳がん全体のうちおよそ90%が乳管から発生する乳管がんといわれています。残りの10%は小葉とよばれる乳腺を構成している部分へ発生するもので、小葉がんとよばれています。

乳がんの症状

満足度

退院後に手術の影響が出ないよう、しっかりした運動を教えてもらえたり、スタッフが大変よくしてくれた。

副作用

治療履歴

2005年8月より口径剤(薬名は覚えてないが2種類あった)1ヶ月後、3ヶ月後に検査と、8月と同じ口径剤をもらう。半年後の検査には行かず1年後に検査する。薬を飲まず半年以上が経過していたこともあり、薬を貰わず検査のみにした。以降、検査にも行っていない。

病気と症状について

2003年頃にシコリを感じ受診したが、乳腺炎との診断。そのシコリが大きくなったことと、もう1つシコリを感じて受診。
「あまり良くない物がありそうだ」とハッキリ言わない告知をされた。確信があった私は「癌でしょ?」平然と答える。「来週カンファレンスをして、再来週手術しましょう」と一方的な話。ステージ等の進行具合については説明なし。手術までのリミットは1ヶ月とのこと。心配した友人からの薦めでセカンドオピニオンをすることに。最初の病院と同じ検査を行い「間違いなく癌です。悪性である可能性が高いので早めに手術した方が良い」との告知。ステージの説明はなかったが、質問に対し詳しく答えてくれたこちらの病院にお任せすることにした。

参考:乳がんにかかった他の人の症状は...?

しこりがあることに気が付いて受診した。触診の段階で乳がんであ...

(続きを読む)

定期的に受けていた人間ドッグのマンモグラフィで疑いがあるとい...

(続きを読む)

乳がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ乳房切除術を選んだか

胸骨下のリンパ節が侵されてた場合、全身を巡る重要なリンパ節も侵されていることが考えられる。その場合、今後の治療方針も考え直さなければならない。との説明を受けたため決断。手術は、胸骨2本を2cm切除するとのことで、その後の胸骨は再建されないので不安定であるとのこと。

参考:他の人が乳房切除術を選んだ理由は...?

選択肢は他になかった。受診した病院は地域では乳癌治療に力を入...

(続きを読む)

温存したかったがファーストオピニオン、セカンドオピニオンとも...

(続きを読む)

他の人が乳房切除術を選んだ理由をもっと読む

乳房切除術とは

乳房全体を切除します。胸の筋肉(大胸筋と小胸筋)を、どちらも残す方法(Auchincloss法)と、小胸筋のみを切除する方法(Patey法)があります。
大胸筋と小胸筋の両方を切除する方法(Halsted法)は現在ではほとんど行われなくなっています。

「乳房切除術」の概要

乳房切除術の効果について

胸骨下のリンパ節には転移がなかったため、特別な治療はありませんでしたが、精神的には安心することが出来ました。

参考:他の人が感じた乳房切除術の効果は...?

手術前は、乳房全体に炎症があり深刻な状況だったが、手術で全部...

(続きを読む)

手術も成功し、3週間ほどで退院できた。再建手術を同時にしたの...

(続きを読む)

他の人が感じた乳房切除術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間

治療に関する費用

一番の治療法は手術だったので、費用等は覚えていません。ただ、検査に行くと8000円かかり、1ヶ月分の薬が20000円と高額だった記憶があります。

副作用について

特記するようなことはありませんでした。

参考:他の人が感じた乳房切除術の副作用は...?

手術に関しては副作用はない...

(続きを読む)

腕を上げるためにリハビリしたり、リンパ浮腫に気を付けている。...

(続きを読む)

他の人が感じた乳房切除術の副作用をもっと読む

乳がんを患っている方へのアドバイス

右乳房切除でしたので、利き腕の右について制限を受けました。重いものを持たないとか、虫刺されやケガに注意するとか。脇のリンパ節を一部切除していることが要因なのですが、私の仕事は整体師ですので、右腕を使わないわけにはいきません。
どの程度の酷使でリンパ浮腫になるかがわかりません。ギリギリの線を見極めるために普通に使ってみました。どんなことをしても浮腫にはなりませんでした。また、手術前からサッカーやフットサルをやっていた私は、手術後にはゴールキーパーとして復帰しました。
普通にプレーが出来ています。経過観察の検査も投薬もほとんどやらずに10年が過ぎました。個人差はあると思いますが、怖がらずに病気と付き合って欲しいと思います。私は楽観的なので、再発したら再発したとき!グチグチ悩んで今の時間を過ごすより、充実した一日一日を過ごしたいと考えました。「病は気から」です。

参考:乳がんを経験した他の人のアドバイスは...?

乳癌は女性にとっては、ショックが大きい癌でありその治療法もそ...

(続きを読む)

まさか自分がなるとは思っていなかったので驚いたが、早期発見が...

(続きを読む)

乳がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年12月15日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

乳がんの体験談をもっとさがす

乳房切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす