あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

乳がんに関する質問

私は6月に乳ガンと診断され、7月中旬に温存手術をしました。病理の結果が出て浸潤性小...

匿名さん

関係:本人

患者情報:40代女性 治療期間: 〜1ヶ月

私は6月に乳ガンと診断され、7月中旬に温存手術をしました。病理の結果が出て浸潤性小葉ガンだと言われました。今後の治療は放射線とホルモン治療と決まりました。
私は乳ガンだと診断された左乳房の悪性のしこり(内側)以外に良性のしこり(外側)があるので全摘をお願いしたのですが、主治医は温存で大丈夫…わざわざ全部取らなくてもいいよ、全摘だと混んでるから9月になっちゃうし…と言われ温存したのですが…
浸潤性小葉ガンと結果で言われ、やはり全摘した方が良かったのかも?と思いました。主治医に今日改めて再発のリスクも考え再手術で全摘の選択はないですか?
と尋ねたところせっかくきれいに温存できたのに…と受け入れてくれませんでした。
今は再発、転移を考える前に今出来る治療をしましょうと言われました。
全摘しても放射線を照射しても再発リスクは同じだよと言うのですが…全摘したら局所再発はないですよね?どこが一緒何でしょうか?
私は今日初めて主治医の前で不覚にも涙を見せてしまいました。
主治医にいろいろと深く聞けない自分に苛立ちますが…何だか今ひとつ納得出来ないでいます。このモヤモヤした感じどうしたらいいのでしょうか?

11
みんなの回答数:2 件
投稿日:2016年08月09日 投稿ID:255

この質問は回答の受付を終了しました

回答受付中の質問はこちら

※回答へのコメントは受け付けています

みんなの回答(2件)

  • 匿名さん

    関係:ご家族

    患者情報:女性 治療期間: 10年以上

    義理の母が乳癌と診断されたのはもう25年以上も前です。義理の母は自分で入浴中に胸にあるしこりを見つけ、受診しました。早期発見だったにも関わらず、当時の治療方針で、全摘出を行いました。その頃は温存治療が一般化していなかったのです。義理の母の話を聞くと、胸が片方ないことへの喪失感とコンプレックスはすぐに乗り越えられるものではなかった、と言います。再発はご心配のこととは思いますが、全摘出の場合の悩みもあるということをお伝えしたいと思いました。

    0
    投稿日:2016年08月15日投稿ID:248
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:女性 治療期間: 〜5年

    私は手術してから5月で3年になりました。乳がんが発覚し、乳腺内での転移がみられ全摘手術を受けました。主様が心配ならばセカンドオンピニオンを受けることをオススメします。やはり心配事は残したくないですからね。私の場合は出来れば温存したかったけれど、進行具合やリンパの小さな膨らみがあり全摘せざるをえませんでした。今3年たち転移も再発も見られず嬉しい限りです。モヤモヤした気分は病気にも影響すると思いますので、病院を変えるという選択肢もあると思います。

    0
    投稿日:2016年08月15日投稿ID:247
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。