あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

乳房切除術乳がん

概要

乳房全体を切除します。胸の筋肉(大胸筋と小胸筋)を、どちらも残す方法(Auchincloss法)と、小胸筋のみを切除する方法(Patey法)があります。
大胸筋と小胸筋の両方を切除する方法(Halsted法)は現在ではほとんど行われなくなっています。

適用される患者

腫瘍が3cm以上ある場合に選択されることが多いですが、実際は腫瘍のひろがり方にもより、きれいに取り除けると判断された場合は、温存術を選べることもあります。

※乳房温存手術によっての完治がみこめる方は本人が選択しないかぎり適用となりません。また、対象の場合でも極力さける方向性にあります。

他の治療法に比べての優位性

再発のリスクが低くなるほか、がんの取り残しのリスクはほとんどありません。

実際に治療を受けた方が選択した理由

腕が不自由になった、ひきつれ感で動かないのはリハビリでほとんど治ります。リンパ浮腫になったら治りません。とても不便になりました。
初めての手術だったのと、事前の造影剤での検査で、思っていた以上に癌が広がっていたから
非浸潤ながら、がんが乳房内に広がっていて、きれいに取るためには全摘しかなかった。しかし、術後は外見的なショックも少なく、やってよかったと思えた。

留意すべきこと

手術した部位の皮膚の感覚がなくなることがあります。片方の胸を乳房切除術で失うと、姿勢のバランスが悪くなり、首や肩の痛みを生じる場合があります。
また、切除により胸がなくなりことで精神的なショックをうける場合があります。

実際に感じた効果

癌というものは自覚症状がないので、効果は感じないです。手術で胸にあった塊が乳ごとなくなったというだけです。でも体の中には見えない癌がリンパに流れてから全身にあるはずです。でも早く塊をとって欲しかったので、手術後はすっきりしました。抗がん剤は効いているのか効いていないのかわかりません。。。。
最初の受診では初期ということだったので、温存手術可能であったが、事前の造影剤で検査で、乳腺すべてに癌が広がっていたため全摘になった。同時に再建もできると言われたが、お腹に傷をつけるのが嫌で断った。
断片陰性でしたが、その後5年経たずに転移しました。手術自体は成功したので、転移したことは残念ですが、傷口そのものは綺麗に治っています。今はハラヴェンという抗がん剤が効いているようで、腫瘍マーカーの値自体は落ちてきています。

副作用と対策

リンパ浮腫

リンパ郭清により、わきの下におけるリンパ液の流れが悪化してむくみが生じることがあります。

むくみ用のストッキングやバンテージ(弾力性のある腕カバー)をはめることでむくみを予防します。また症状が重い場合は週1~2回を目安に1ヵ月程度通院して液を抜き改善することもあります。

肩や腕の運動障害

手術を行ったことで肩や腕があがりにくくなることや肩こり、しびれ、むくみがなどを生じることがあります。

術後早めにリハビリやマッサージを始めることで、早期回復を目指しましょう。

皮膚症状

腋窩リンパ節の郭清を一緒に行うことで、術後に創部また上腕のわきの下の感覚がなくなることがあります。

わきの下の感覚は徐々に回復しますが、術前の状態へは戻りません。感覚がなくなるため、怪我などに注意しましょう。

感染症

治療を受けた方の抵抗力が低い場合や抗生剤の効き目が弱い場合、使用した薬の作用や術部が清潔に保たれなかった場合などに、感染症を引きおこすことがあります。術後、熱がなかなか下がらない場合や、血液検査において炎症を表す数値が高い場合、手術を行った部位の外観の異常で術後感染症の有無が判断されます。

日常生活の中で予防として、手洗い、うがい、マスクの着用、人ごみの回避など注意が必要です。咳が続く、喉の痛みなど、気になる症状がある場合は医師に相談しましょう。治療が長期間にわたる場合では、定期的な検査が行われる場合があります。また、長期投与した後に突然使用を中止してしまうことで副作用がおこる場合があるため、服用の継続、中止は必ず医師に相談のもと行いましょう。発症した場合、感染症に合わせた治療が行われます。

喪失感

乳房切除術を行ったことで外観が変化するため、精神的にショックをうけることがあります。また、乳房が大きい方の場合、左右のバランスに変化がおこるため、姿勢が悪くなる場合があります。

バストラインを整えるための補整用のパッドや下着を着用や、乳房再建を行うことで喪失感や姿勢の悪化を改善することができます。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

早めに腕を上げるようにしていたためか、手術から半月でテニスを始められた。術後は腕が上がらなかったのが副作用。
全摘についての副作用は、リンパ切除、神経切除につき手があがらない、無感覚の脇なのにひりひりする。夜中指がパンパンにむくみ全く指が曲げられないから痛くて目が覚めずっと寝られない。全摘した方の身体や足もすぐむくむ。職場等で後ろからAさんと肩をかるく叩かれただけで飛び上がる程痛いが素知らぬ顔をする辛さ。同性の子がふざけて胸をつんつんしてきたりする時に変な顔をされたり。後ろからハグされることもあった。必死で悟られないようにした。誰にも公表せず今に至る。
病院で教えられた、リハビリ・ストレッチを定期的に行い、患部を動かすようにしていたせいか、術前と変わらない、動きができる。

費用

約650,000円

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

入院:40万円 差額ベッド代が1日31500円で1週間以上入院したので手術代と合わせてこれぐらいになった。
一番の治療法は手術だったので、費用等は覚えていません。ただ、検査に行くと8000円かかり、1ヶ月分の薬が20000円と高額だった記憶があります。
入院1回につき15万円から30万円(全部で6回) 抗がん剤20万円くらい(×2回) 放射線治療18万円くらい(×2回)

一般的な所要時間

一般的に乳房温存手術よりも少し長く入院する必要があります。

更新日:2016年10月26日

参照元:(がん情報サービスhttp://ganjoho.jp/public/cancer/breast/(閲覧日:2015年10月8日),各種がん144乳がんがん情報サービスhttp://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000ul0q-att/144.pdf(閲覧日:2015年10月8日),がん研有明病院http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/breast.html(閲覧日:2016年12月9日),乳がんとホルモン療法沢井製薬株式会社(閲覧日:2016年12月9日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

乳房切除術治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

乳房切除術以外の治療法をさがす

乳房切除術と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

乳房切除術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

乳房切除術についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。