あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の体験談

めまい薬である、ベタヒスチンメシル酸塩錠6mgは効果は全く感じられなかったです。就寝体勢でのめまいが強かったため、寝る時間の夜が近づくと恐怖で、寝付けなかったり、毎日のように泣いていたのが、メイラックス錠服用で改善されました。めまい自体には効果はもちろんありません。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2015年11月
抗不安薬メイラックス錠1mg

良性発作性頭位めまい症とは

内耳にある耳石の一部が剥がれ、体のバランスを感知するセンサーの役目をする三半規管に入り込んでしまったことで発症します。めまい疾患の中ではもっとも多く、全症例の20~40%を占めるとされています。
寝る、起きる、寝返りを打つなど頭を急に動かした際に、自分自身や周囲がぐるぐると回転しているようなめまいがおこります。個人差はありますが、数十秒で治まります。良性発作性頭位めまい症の“良性”は、腫瘍の“良性”とは意味が異なり、後遺症を残さず治りやすいという意味で用いられています。

良性発作性頭位めまい症の症状

満足度

不安は取り除かれるが、めまい自体には効果がないため。

副作用

治療履歴

2015年11月28日からベタヒスチンメシル酸塩錠6mgとペラプリン錠5mg服用開始しました。入院中は、耳鼻科に毎日かかって、眼振の検査のため頭を動かし、めまいを起こしていました。
退院後、心療内科にて12月15日からメイラックス錠1mgを0.5錠と、ジェイゾロフト錠25mgを0.5錠を毎夕食後に服用中です。

病気と症状について

2015年11月下旬、寝起きの寝返り時に回転性めまいがおきるも、仕事に行っていました。仕事中もフワフワしていました。運転中も、視点が定まらずキョロキョロして気持ち悪かったので、路肩に停車して休み休み帰宅したりしていましたが、帰宅した途端激しい吐き気に襲われ家で動けなくなってしまいました。それからは、少し動くだけでも天井がグルグル回りトイレにも這いつくばって行っていました。その状態で二日間経ち、近所の耳鼻科にかかりたくても動けず、救急車で総合病院に運ばれました。MRIやレントゲンで検査して内耳性めまいだろうということで二週間の入院となりました。点滴が合わず、服用での治療でした。ベタヒスチンメシル酸塩錠6mgとペラプリン錠5mgを毎食後一錠ずつの処方でした。退院後もめまいと不安感があり、現在心療内科でメイラックスとジェイゾロフトを処方して療養中です。会社には行けていません。

参考:良性発作性頭位めまい症にかかった他の人の症状は...?

休日に目が覚めて左側を下にして目覚ましを止めようとした所、突...

(続きを読む)

まさに今、治療中です。 1週間前に、朝、目が覚めて右側に向...

(続きを読む)

良性発作性頭位めまい症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ抗不安薬を選んだか

めまい薬である、ベタヒスチンメシル酸塩錠6mgは効果は全く感じられなかったです。就寝体勢でのめまいが強かったため、寝る時間の夜が近づくと恐怖で、寝付けなかったり、毎日のように泣いていたのが、メイラックス錠服用で改善されました。めまい自体には効果はもちろんありません。

参考:他の人が抗不安薬を選んだ理由は...?

比較的、症状も軽く働いていたため、あまり時間を取れなかったの...

(続きを読む)

抗不安薬とは

抗不安薬を使用し、不安感を和らげて、精神の安定をはかります。良性発作性頭位めまい症は、自然治癒例が少なくないため、薬物治療によりめまい症状を抑制し、自然軽快を図ります。

「抗不安薬」の概要

抗不安薬の効果について

服用当初、不安で寝付けなかったが、メイラックス服用で眠れるようになりました。3週間服用したが、めまいが軽快していたので、復職のため4週目は一時、眠くなるメイラックス服用を中止しました。その後すぐに激しい回転性めまいが再発したため、また毎日泣く・眠れない日々が続いたため、5週目よりメイラックスを再開しました。服用量を調節しながら現在も服用中です。今は0.25錠で様子をみています。

参考:他の人が感じた抗不安薬の効果は...?

あの後も一度、同じようなめまいが起こり、同じ薬を処方されその...

(続きを読む)

治療期間

入院期間:2週間
治療期間:2ヶ月目突入まだ完治せず。

治療に関する費用

入院:13万円ほど 心療内科通院:月に9千円ほど

副作用について

眠気があり、朝起きられない。

参考:他の人が感じた抗不安薬の副作用は...?

仕事中、眠気に襲われました。でも我慢できる範囲で特に対策もし...

(続きを読む)

良性発作性頭位めまい症を患っている方へのアドバイス

入院先の耳鼻科では、理学療法はありませんでした。なるべく頭を動かして耳石が破壊されて自然に治癒させるしかない、と言われ、めまい薬も気休めと言われました。確かにベタヒスチンの効果は全く感じられません。ペラプリンは吐き気止めとして効果あります。
このめまいの原因は、ストレス、過労、睡眠不足と主治医から説明がありました、確かにそう思います。
まずは、それらを取り除く事が一番です。私は未だに会社に行けていません。自律神経失調も考えられるので、なかなか快復しない場合は心療内科の受診もいいと思います。私は鍼灸院にも行っています。

参考:良性発作性頭位めまい症を経験した他の人のアドバイスは...?

医師から説明されたのは、良性というだけあって大きな病気ではな...

(続きを読む)

じっとしているよりは動いたほうがいいと言われましたが、どのよ...

(続きを読む)

良性発作性頭位めまい症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月25日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる