あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の体験談

投薬の場合仕事を休んで何度か通院しなければなりませんが、非特異的頭位治療の場合、自分の力でリハビリできて経済的負担もほとんどなかったため、迷わず選択しました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2012年10月

良性発作性頭位めまい症とは

内耳にある耳石の一部が剥がれ、体のバランスを感知するセンサーの役目をする三半規管に入り込んでしまったことで発症します。めまい疾患の中ではもっとも多く、全症例の20~40%を占めるとされています。
寝る、起きる、寝返りを打つなど頭を急に動かした際に、自分自身や周囲がぐるぐると回転しているようなめまいがおこります。個人差はありますが、数十秒で治まります。良性発作性頭位めまい症の“良性”は、腫瘍の“良性”とは意味が異なり、後遺症を残さず治りやすいという意味で用いられています。

良性発作性頭位めまい症の症状

満足度

すぐにめまいが改善するということもなく、慣れるまでの間は頭の位置を変えるたびにめまいが起こって気持ち悪くなりました。

副作用

治療履歴

私の場合、良性突発性頭位めまい症の症状はそこまで重いものではなかったため、抗めまい薬などの薬は処方されませんでした。
そのかわりに勧められたのが非特異的頭位治療でした。

病気と症状について

その日、朝起きて目覚まし時計をとめるために寝返りを打った瞬間、突然それまで経験したことのない激しいめまいに襲われました。
身体を横たえているにもかかわらず、ぐらんぐらんと全身が揺れているかのようなめまいが続き、もしかしたら脳に異変があって死んでしまうのかもしれないとまで思いました。
動くことができず、しばらくそのままの体勢でいるとめまいが落ち着いたので、身体を起こそうとすると、まためまい。
そんな状態がしばらく続くうちに、どうやらめまいが起こりやすい身体の方向があるらしいこと、しばらく同じ方向のまま頭を動かさずにいるとめまいがおさまることが分かりました。
脳神経外科と迷ったものの、手足のしびれ等はなかったのでとりあえずタクシーで近所の耳鼻科にかかることに。
診察の結果「良性突発性頭位めまい症」と診断され、そこまで重篤な症状ではないのでしばらくすれば自然に治癒する場合もある旨説明されました。

参考:良性発作性頭位めまい症にかかった他の人の症状は...?

ある日朝起きると天井がグルグル回って少し吐き気もありました。...

(続きを読む)

朝目覚めて布団の中ですでに、目の前がぐるぐる回っていました。...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

良性発作性頭位めまい症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ非特異的頭位治療を選んだか

当時はアルバイト勤務だったため、シフトの自由があまり利かず給料もわずかでした。
投薬の場合仕事を休んで何度か通院しなければなりませんが、非特異的頭位治療の場合、自分の力でリハビリできて経済的負担もほとんどなかったため、迷わず選択しました。

参考:他の人が非特異的頭位治療を選んだ理由は...?

すでに他の病気で薬を服用しており、これ以上飲みたくなかったの...

(続きを読む)

先生からの指示されました。...

(続きを読む)

他の人が非特異的頭位治療を選んだ理由をもっと読む

非特異的頭位治療とは

結石の移動に拘らず、頭部運動を反復することで良性発作性頭位めまい症を軽快、消失させる方法です。頭を右、正面、左へ倒してそれぞれの位置で10秒程停止することを10回程繰り返し、これを1日5回程行うなど、医師が提示する前庭障害に対する平衡訓練のメニューを実践します。

「非特異的頭位治療」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110915/114024/?P=1&ST=health&n_cid=nbpwol_else

非特異的頭位治療の効果について

治療を開始した初日は頭の向きを横にするだけで激しいめまいと吐き気に襲われて、わずか数回の運動がとても苦痛でした。
ただ、なるべく頭を動かすようにした方がいいという医師の言葉を信じて運動を続けるうちに、身体が少しずつめまいに慣れてきて、揺れは感じるものの吐き気がおさまってきました。
1週間ほど続けるとめまい自体もそこまでひどくはなくなり、2週間ほどでほぼもと通りの生活が送れるようになりました。
その後再発することもなく、現在は快適に過ごしています。

参考:他の人が感じた非特異的頭位治療の効果は...?

こちらの運動療法は目眩を発症してから早い段階で始めれば効果が...

(続きを読む)

当時は時間と共に目眩はおさまってきましたが、度々まだおこるこ...

(続きを読む)

他の人が感じた非特異的頭位治療の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間:2週間

治療に関する費用

通院:1週間 診察:2回 費用:約700円(初診料のみ)

副作用について

私の場合、良性突発性頭位めまい症は、頭をある一定の方向に動かすことで激しいめまいが起こりました。
非特異的頭位治療は、あえてその方向に頭を動かすので、慣れるまでの数日間はめまいと吐き気がひどかったです。

参考:他の人が感じた非特異的頭位治療の副作用は...?

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

ありません。...

(続きを読む)

他の人が感じた非特異的頭位治療の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

非特異的頭位治療:新札幌耳鼻咽喉科医院

良性発作性頭位めまい症を患っている方へのアドバイス

一度めまいを経験してしまうと、恐怖感はなかなか消し去ることができないと思います。
非特異的頭位治療は、あえてそのめまいを引き起こすことになるので、最初は抵抗も大きく続けるのがつらいと思いますが、それでもきちんと続けることでめまいの症状は少しずつ改善されていきます。
私はその後再発もありませんでした。
無理をし過ぎず、途中で勝手にやめたりすることなく医師のアドバイスに従って治療を続けてください。

参考:良性発作性頭位めまい症を経験した他の人のアドバイスは...?

この病気は生活習慣病のようなものなのかなとも思います。 ス...

(続きを読む)

めまいだからと言って侮れない理由は、めまいの原因として例えば...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

良性発作性頭位めまい症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年10月07日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

良性発作性頭位めまい症の体験談をもっとさがす

非特異的頭位治療の体験談

治療法ごとに体験談をさがす