あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗不安薬良性発作性頭位めまい症(BPPV)

概要

抗不安薬を使用し、不安感を和らげて、精神の安定をはかります。良性発作性頭位めまい症は、自然治癒例が少なくないため、薬物治療によりめまい症状を抑制し、自然軽快を図ります。

他の治療法に比べての優位性

医師の指示通りに服用すれば、依存症の心配はほとんどないといわれています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

めまい薬である、ベタヒスチンメシル酸塩錠6mgは効果は全く感じられなかったです。就寝体勢でのめまいが強かったため、寝る時間の夜が近づくと恐怖で、寝付けなかったり、毎日のように泣いていたのが、メイラックス錠服用で改善されました。めまい自体には効果はもちろんありません。
比較的、症状も軽く働いていたため、あまり時間を取れなかったので、その治療法を選択しました。

留意すべきこと

良性発作性頭位めまい症の原因を除去する治療法ではなく、症状を軽減するものです。1~2週程度で改善徴候がない場合は、可能ならば頭位治療への移行を検討した方が良いでしょう。

実際に感じた効果

服用当初、不安で寝付けなかったが、メイラックス服用で眠れるようになりました。3週間服用したが、めまいが軽快していたので、復職のため4週目は一時、眠くなるメイラックス服用を中止しました。その後すぐに激しい回転性めまいが再発したため、また毎日泣く・眠れない日々が続いたため、5週目よりメイラックスを再開しました。服用量を調節しながら現在も服用中です。今は0.25錠で様子をみています。
あの後も一度、同じようなめまいが起こり、同じ薬を処方されその時は二週間ほどで治りました。 私が感じたことですが、寒い時期それも忙しく疲れているときにめまいが起こることが多い気がします。 その時、先生から首振りの体操を教えてもらい、毎日実行していたら、ふらふら感も少しずつ減り、今はもうすっかり大丈夫です。

副作用と対策

頭痛

眠気や頭痛、頭重、ふらつきなどがおきることがあります。

副作用の症状が重いときは、医師に相談してください。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

眠気があり、朝起きられない。
仕事中、眠気に襲われました。でも我慢できる範囲で特に対策もしませんでした。

実際にかかった費用

入院:13万円ほど 心療内科通院:月に9千円ほど
薬剤・検査などで一万円くらいです(一か月分で)

一般的な所要時間

治療期間:症状が改善するまで長期で服用します。

適用される患者

頭位治療を希望しない方や行うことができない方、めまいへの不安やストレスが強い方

抗不安薬を使用したことがあり、副作用が強く出た方は適応をさけましょう。

更新日:2015年10月15日

参照元:(良性発作性頭位めまい症診療ガイドライン日本めまい平衡医学会診断基準化委員会編(閲覧日:2015年8月24日),メルクマニュアルhttp://merckmanuals.jp/home/%E8%84%B3%E3%80%81%E8%84%8A%E9%AB%84%E3%80%81%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84/%E8%89%AF%E6%80%A7%E7%99%BA%E4%BD%9C%E6%80%A7%E9%A0%AD%E4%BD%8D%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%E7%97%87%EF%BC%88%E8%89%AF%E6%80%A7%E9%A0%AD%E4%BD%8D%E6%80%A7%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%EF%BC%89.html(閲覧日:2015年8月24日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月25日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

抗不安薬以外の治療法をさがす

抗不安薬と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす